「うつ病」と「うつ的な状態」の違いと自分で体調を把握する重要性

よろしくお願いします。
サラリーマンの心に寄り添う心理カウンセラーの岡田です。
今回のお悩み相談は
「うつ的な気分」と「うつ病」とは、どう違うのでしょうか?
というご相談です。

仕事に失敗したり、失恋したりと、「うつ的」に気分が落ち込むことは誰にでもなる可能性があります。
精神的ダメージを受けても、いずれ時間によって回復、元気になります
【自然治癒力】が発揮できる状態が【うつ的な気分】です。

そして
【うつ病】はうつ的な気分が2週間以上続き
気分が上がってくる兆候がないと、うつ病の疑いがあります。

うつ病になっていなくても、早い段階で手を打つと
治療期間(カウンセリング期間)が短くなります。

人間は短期のストレスには対応できる・必ず治る
長期のストレスには対応できないということで
ストレスフルで状態が長く続くと【うつ病】になりやすい

【うつ的な気分】
・睡眠障害
・疲労感
・倦怠感
・食欲の減退
・動悸
・息苦しさ
が複数のことが2週間以上つづくとうつ病になる可能性があります。

気分が上がってこない等の今まで経験したことのないほどの体調の悪さ
を感じると、誰かに相談するなど気を付けたほうがいいですね。

私の経験

社会で働いていると
多少のうつ的な気分の時でも働かないといけないので、
私は我慢と根性で仕事を頑張っていました。

寝たら治るだろうと軽い気持ちで、日々を過ごしていました。

ストレスフルな日常が続いていると、次第に気分が上がってこなくなりました。
とどめに会社の上司の言葉のストレスで、気分の底が抜けて、適応障害になりました。

この経験から、うつ的な気分とうつ病(私の場合は適応障害)をしっかりと認識することを学びました。

あなたも、体調を崩してからでは、遅いので
体調の限界を自分で把握しておくことを提案します

分からないことや、他に悩みがあるなら
私岡田にご相談ください。
ありがとうございました。

スポンサーリンク