「ネガティブな言葉は言ってはいけないのですか?」ポジティブ心理学で解決

よろしくお願いします。
サラリーマンの心に寄り添う心理カウンセラーの岡田です。
今回のお悩み相談は
「ネガティブな言葉は言ってはいけないのですか?
という相談です。

そこで、今回は
ポジティブ心理学のお話をします。

ポジティブ心理学の考え方

ポジティブだと
・健康で長生きする
・幸福度が高い
になれる心理学です。

しかし
ネガティブな言葉は言ってはいけないとは書いていないのですね。

どういうことかというと
ポジティブ・ネガティブ比
という比率があるのです。

内容は
ポジティブ 3 対ネガティブ 1
の比率でネガティブな言葉を言ってもいいとなっています。

ということで
「ダメだ」「嫌だ」「しんどい」
等のネガティブな言葉を1回言うたびに

「頑張るぞ」「いいね」「素晴らしいね」「すごいね」
とポジティブな言葉を3回言う意識を持ちます。

ネガティブを全否定せずにネガティブも自分の一部なので
「ポジティブな言葉をネガティブな言葉より多めに使おう」
と気楽に考えていく事ですね。

まとめ

私は、どうしても落ち込むとネガティブな言葉を使っていました。
最初はネガティブな言葉の方が多かったですが
ポジティブな言葉を使っているうちに
気持ちが後からついてくるので、
この
「ポジティブな言葉をネガティブな言葉より多めに使おう」
を意識することを提案します。

分からないことや、他に悩みがございましたら
私岡田にご相談ください。
ありがとうございました。

スポンサーリンク