【あとは行動するのみ】人は変わろうと思ったときから変わり始めている。

今回は【人は変わろうと思ったときから変わり始めている】というお話です。

人は変わりたいと思うともうその時から、変化し始めているということで
その変わりたいことに情報のアンテナを張り、変わる事に動き出します。

そこで何かきっかけがあれば、スイスイ変わっていきます。

例えば、
うつや適応障害等のメンタル疾患になり会社を休職、退職したとします。

そうすることで、自分のメンタルが弱いと気づき改善方法を探します。
・ネットや本で情報を集める
・メンタル疾患を克服した人にアドバイスをもらう
・心療内科、精神科の病院に行く
・カウンセリングを受ける
と行動するようになります。

ポイント
最初の自分はメンタルが弱いと認めた所からです。

人のせい、会社のせいと思っている方は
次、転職したらいいと、メンタル疾患の原因を探さずにすぐに次の職場を探します。

原因を解決していないので、また似たような状況になったら
同じ症状がでるようになります。

他にダイエットもそうです。
自分が体重が重いと認めると
ダイエットをしようや健康に気をつけようと
選択肢が増えていきます。

自分の体重が普通だと思っていると
行動しないの選択肢しかないです。

自分が重いと認めても
痩せるか、痩せないかの選択肢は
本人の行動次第です。

あなたも、こういった、心の健康に関する記事を見ているということは
もう、心を健康にしたいと行動しているということですね。

カウンセリングも同じで
自分の意志でカウンセリングを受けに来た方は、
もう自分自身が変わる準備ができているということです。

あとは、適切な方法で、行動していると問題の解決に向かいます。

このお話で分からないことや他に悩みがございましたら
私岡田にご相談ください。
ありがとうございました。

スポンサーリンク