【カウンセリングとはどんなもの?】カウンセリングルームとスポーツクラブの類似点のお話

今回は【カウンセリングとはどんなもの?】というお話です。

カウンセリングとは、
初めての方には「怖い」や「何をするんだろう」と思われると思います。
私もそうでした。

そこで、カウンセリングを受けやすいように
スポーツクラブとの類似点のお話をしていき
「カウンセリングとはこういうものか!」と分かっていただけたらと思います。

心を鍛えるのも体も鍛えるのも、人生が豊かになるのは同じですね。
しかし、ほとんどの方は、
体は鍛えようと思っても、メンタルを鍛えようと思う方は少ない傾向があります。

そこで、
心を鍛えるのは、体を鍛えるのと同じですよ
最初の不安を勇気をだして行動しようというお話になります。

まずは、カウンセリングルームとスポーツクラブは似ている所を挙げると
・適切なトレーニングができるトレーナーがいる
・お客様の話を聴く
・心身を鍛える
・リラックスする
・成長または変化に意欲的な人が集まる
・始めてが踏み出しづらい
等があります。

それでは、一つ一つ説明していきます。

適切なトレーニングができるトレーナーがいる

適切なトレーニングができるトレーナーがいるということで
・心や体を鍛えるには順番がある
(いきなりダンベルを20キロを上げようとするとケガをするので5キロぐらいから徐々に慣れていく)
(心も同じで大きい課題を設定しても失敗する可能性が高いので、小さい課題から挑戦する)

お客様の話を聴く

お客様の話を聴くということで
・お客様の課題を手助けする
課題は押し付けるものではなく話を聴き、お客様の一人一人の課題を提案する
・コミュニケーションをとる
一人でしていも、続かないので人の関りで、続けようと思う

心身を鍛える

心身を鍛えるということで
・適切な練習方法が分かる
お客様の目的にあった課題に取り組める
・適切な環境がそろっている
スポーツクラブ=豊富な機材、目的にあったトレーニングができる
カウンセリング=普段の生活での悩みを言える
カウンセラー以外に知られることはないという安心感

リラックスする

リラックスするということで
・心や体の疲れをとる
スポーツクラブ=マッサージやストレッチで体の疲れをとる
カウンセリング=悩みを話して、心のつっかえをとる(心が軽くなる)

成長または変化に意欲的な人が集まる

成長または変化に意欲的な人が集まるということは
最初のカウンセリングやスポーツクラブのドアを開けているので、
もう成長や変化に向けて行動している人です。

あとは、適切な方法で前に進むだけの状態です。

始めてが踏み出しづらい

始めてが踏み出しづらいとうことで
最初は、スポーツクラブもカウンセリングも入口のドアを叩くのは怖いや不安ですね。
どうしても、経験のない所に行くというのは、怖くて行きづらいですよね。

しかし、私は学生の時にスポーツクラブでバイトをしてみて
やってみると、いい方たちのの集まりでした。
それは、どういったものか入ってみないと分からないですね。

カウンセリングは、私が、初めて適応障害になり心療内科を受けて
カウンセリングに触れて必要性を感じたのも、一度カウンセリングを受けたからです。

そこで、もしカウンセリングやジムの方針が合わなければ、中断する方法もあります。

まとめ

まとめると
スポーツクラブに行くのもカウンセリングを受けるのも
最初は、不安で怖いですね。

そこで、勇気を出してドアを叩くと新しい発見があります。

私も最初は、仕事でも趣味でも不安を感じてしまいますが、
そのさきの、新しい発見をしたいという、勇気で行動するようにしています。

このお話は、趣味でもなんでもそうなんですが
最初の一歩が大切ですよというお話でした。

このお話で分からないことや他に悩みがございましたら
私岡田にご相談ください。
ありがとうございました。

スポンサーリンク