【カウンセリングを受けるか迷っている方へ】カウンセリングを受ける理由と効果 

今回は【カウンセリングを受けるか迷っている方へ】というテーマでお話していきます。

カウンセリングを受ける最大のメリットは
【自分自身の劣等感や悩みを誰かに受け入れてもらえる】ことです。
・「○○の悩みを持っていてもいいんだ」
・「劣等感も長所になるんだ」
・「この気持ちを感じてもいいんだ」
と、自分自身を受け入れれるようになります。

そこで、カウンセリングと家族や友人にする相談の違いで
カウンセリングは
【話の聴く側の価値観が入らない事】
【安心、安全な環境】
です。

例えば
「仕事を辞めたい」場合
家族や友人に「仕事を辞めたい」と言うと
その「仕事を辞めたい」という気持ちを否定される傾向にあります。

カウンセリングの場合は、「相談者様は仕事を辞めたいと思われているのですね」
と、相談者様の気持ちを受け入れて、「なぜ、仕事を辞めたいと思われているのですか?」
と、相談者様の気持ちに寄り添って、問題を一緒に考えていきます。

「死にたい」場合
極端な例になりますが、
家族や友人に「死にたい」という気持ちを伝えることはタブー(禁忌)と
され、なかなか言いにくい気持ちです。
もし、家族や友人に「死にたい」という気持ちを伝えても
「そんなことを言うな」と持っている気持ちを否定される可能性が高いです。

カウンセリングの場合は
「死にたい」という気持ちをカウンセラーに相談しても否定されません。
「相談者様は今死にたい気持ちがあるのですね」と相談者様の心に寄り添います。
「なぜ、死にたいという気持ちがあるのですか?言えなかったら言わなくて大丈夫ですよ」
と相談者様の心に寄り添って、問題解決をしていきます。

カウンセリングは、相談者様が安心で安全な空間で相談が
できるので、リラックスして話すことができます。

また、相談者様の生活に直接関係ない人なので
愚痴や悩み等心に溜まったものを全て吐き出しやすいです。

ということでカウンセリングを受ける場合は
不自由な価値観やライフスタイルを変えたい等の根本的な変化をしたいときに効果的です。

逆に、自分自身で解決できる問題
ストレス解消
・スキルアップで解決できる悩み
には、カウンセリングを受けなくても、テクニックを身につけて解決できます。

私自身が、カウンセリングを受けるきっかけは
【自分自身で解決できない】と思ったからです。

さまざまな本を読んで勉強しましたが、悩みが解決することがありませんでした。
・自信の付け方
・自分を変える方法
・ストレス解消法
の本を読みましたが、ダメでした。
その理由は、今までの人生で受け入れてもらった経験が少なかったからです。

親、友人、社会と自分自身が受け入れてもらったという経験がないと
心の土台が出来ていないので、何をしても上手くいきません。

そこで、カウンセラーに、自分のことを話して、受け入れてもらう経験をして
「自分は自分でいいんだ」と自分を肯定できるようになり、心の土台ができていきます。

あなたは、親や他者から、受け入れてもらった経験がありますか?

このお話で分からないことや他に悩みがございましたら
私岡田にご相談ください。
私はこう思った等の感想も頂けると嬉しいです。
ありがとうございました。

お問合せは24時間いつでも大丈夫です。^^

スポンサーリンク