【グループトーク】自分の役を把握して立ち回る方法

今回のテーマは、【グループトーク】のお話をします。

一対一の会話ができても、複数になると
上手く会話できない方が多く私も、グループトークは苦手です。

複数になると、話す・聞くのタイミングが難しくなりますね。

グループトークについて

一対一の場合は【話す人と聞く人】になりますが

グループ(複数)の役
・司会(進行役)
・話し役
・聞き役
・うなずき
・やじ(横やり)
・盛り上げ役
基本は役を変わりながら会話をしていきます。

あなたも、グループになるときは
このこのどれかの役になると思います。

グループトークの難しさは
自分のタイミングでコミュニケーションが取れないことですね。

グループトークのコツ

 グループトークのコツ
・自分は、どの役が好きと得意を考える
(話を聞くことが好きなら、聞く役に回る)

・八方美人にならない
相手に同意しない
(Aさんは、何々のことを好きなんですね)と伝えかえす

・基本、人は話したい欲求をもっている
基本、人は話を最後まで聞くと満足する

・無理にグループに入らない
グループで絡むことにストレスを感じたら
無理に会話に入らない

まとめ

私は、基本的にグループトークは好きではありません。
人の目が多いのであまり深い話ができないからです。

皆が分かるような浅く広くがグループトークで
あまりためにならない話が多いです。

どちらかというと、ストレス解消の意味合いが強いですね、

このお話で分からないことや、他に悩みがございましたら
私岡田にご相談ください。
ありがとうございました。

スポンサーリンク