【ゲシュタルトの祈り】人との距離感やかかわり方を改めて考える

今回は【ゲシュタルトの祈り】のお話になります。

まずは
ゲシュタルトの祈りというのは

私は私のことをする。

あなたはあなたのことをする。

私は、あなたの期待に沿うために、この世に生きているのではない。

あなたも、私の期待に沿うために、この世にいきているのではない。

あなたはあなた、私は私である。

しかし、もし、機会があって、

私たちが出会うことがあれば、それはすばらしい。

もし出会うことがなくても、それはいたしかたのないことである。

という教えがあります。

これは、人間関係の相手との距離感のお話で
この教えを見てそれぞれ思うことが違いうと思います。

じぶんはじぶん、あなたはあなた、と聞いて
「そうだね」と納得したり
「さみしい」と冷たいと感じたり

あなたは、この詩を見てどう思いましたか?

こういった人とのかかわり方を改めて考えることができるので
あなたにシェアしたいとおもいました。

このお話で分からないことや他に悩みがございましたら
私岡田にご相談ください。
ありがとうございました。

スポンサーリンク