【ボーっとすることの大切さ】目を閉じて休むと脳が元気になり仕事や勉強がはかどる

今回は、【ボーっとすることの大切さ】のお話をしていきます。

スマホなどを持つとついつい時間の許す限り使ってしまい、
気がついたら、時間が経っています。

そこでなぜ、ボーっとすることが大切かというと
今は、テレビやパソコン、ゲーム、スマホなどを見て
脳が休まる時間が無くなり、脳を酷使しているからです。

さらに、脳を休めないと
脳が疲労している状態では効率的に記憶できないんですね。
本を読んでもすぐに忘れたり、勉強しても記憶が定着しにくくなります。

時間さえあれば、スマホが見てしまう習慣をつけてしまうと、
脳に良くありませんよというお話になります。

ボーっとする時間を作りましょう

ボーっとする時間を作りましょうということで
ボーっとするメリットを書いていきます。

ボーっとするメリット
・脳の疲れが取れる
・集中できる状態になる
・脳の中の記憶が整理され記憶が定着しやすくなる
等があります。

5分でも10分でもいいので何もしない時間を作ってみましょう。

何をするかというと
・何もしない無心の状態
・虫の音などを感じてみる
・目を閉じる
・呼吸に集中する
とリラックスします。

目を閉じることで、視覚からの情報を抑えて
脳を休ませていきす。

まとめ

どうしてもスマホをもつと、四六時中時間があれば見てしまいます。

私も、休憩中等、時間があればスマホを触ります。
そうすることで、実際に仕事や勉強に集中できずに効率が悪くなってしまうんですね。

あなたは、時間があれば、スマホなどを触ってしまわないですか?

もし、スマホなどを触ってしまうなら、一度5分でも10分でも何もしない時間を作ることを提案します。

このお話で分からないことや他に悩みがございましたら
私岡田にご相談ください。
ありがとうございました。

スポンサーリンク