【ポジティブになりたい】使う言葉を意識するとポジティブになれる

よろしくお願いします。
サラリーマンの心に寄り添う心理カウンセラーの岡田です。

今回の、お悩みは
「ネガティブな私でもポジティブになれますか?」
というお悩み相談です。

結論はなれます。
ポジティブになりたいと、自分自身で変化を望むとポジティブになれます。
私も、根はネガティブでしたが
言葉を変えるだけで、自分が変わっていくのが分かります。

まずは、順にお話していきます。

ポジティブとネガティブとは?

ポジティブ
・前向き
・積極的
・明るい
・楽しい
・コミュニケーション能力が高い
・「頑張ろう」「行ける」という肯定的な言葉を使う

ネガティブ
・後ろ向き
・消極的
・暗い
・根暗
・楽しくない
・コミュニケーション能力が低い
・すぐあきらめてしまう
・「ダメだ」「でも」「だけど」と否定的な言葉を使ってしまう
等があると思います。

ポジティブになる解決方法

ポジティブになる方法
・ポジティブな言葉を多く使う
ポジティブな言葉を使うと心がポジティブな反応をする

最強のポジティブな言葉は「ありがとう」
感謝の言葉が大事で言葉を変えると心の持ち方も変わることは心理学で証明されています。

ありがとうという言葉は
言うときは自然と笑顔になり周りのムードもよくなります。
言われて嫌と思う人はいないので積極的に言うようにするとポジティブになれます。

・「ダメだ」「でも」「だけど」を使わない
よく、この言葉を使ってしまいますよね。
否定的な言葉は使いやすくクセになって反射的に言ってしまいます。

だからこそ「頑張るぞ」「やろう」と言葉にして
ポジティブに考えを持って行かないといけません。

よく私も先生に言われましたが【使う言葉で、人は支配されている】
ということで
ポジティブな言葉を使うとポジティブな状況が強まり
ネガティブな言葉を使うとネガティブな状況が強くなる

ということになります。

まとめ

私も根がネガティブだったので
「ありがとう」という言葉を積極的に使うようにした事と

前は、よく先輩から「でもでも言うな」と叱られました。
そこで、「でも」と言いそうになっても飲み込み
「やりましょう」と言葉を使うように意識をしました。

ポジティブになりたいという気持ちがあり
行動や言動を変えると少しづつでもポジティブになることを実感しました。

ぜひ、あなたも
「ありがとう」や「肯定的な言葉」を使うように意識してみませんか?

分からないことや、他に悩みがあるという方は、気軽に
私岡田に、ご相談ください。
それでは、ありがとうございました。

スポンサーリンク