【ムリ、でもが口癖の部下】出来ない理由、言い訳、文句ばかり言ってくる部下への対処法

今回は【出来ない理由、言い訳、文句ばかり言ってくる部下への対処法】のお話になります。

なぜ、こういったお話をするかというと
私自身、リーダーになり、この課題にぶつかったからです。

指示を出しても、文句や言い訳をして納得しないまま
ダラダラと仕事をしていた【困った部下】がいました。

「こうやって、こうやってください」とお願いしても
サッと仕事をしてくれないんですね。

こういった方の特徴
・働くだけ損
・違うことをしたくない
・めんどくさい
・相手に反発したい
・あまのじゃく
等の傾向があります。

そこで、何をしたらいいかというと
【相手の話を聴く】と
【相手に自分で課題を考えてもらう】
の二つになります。

すぐには、相手も変わらないかもしれませんが、
一カ月、二カ月とたつにつれて徐々に変わってきます。

なぜ変わるのか詳細を説明していきます。

相手にスムーズに動いてもらう方法

【相手の話を聴く】
・相手の話を聴いていると、相手の言いたいことが無くなってくる
・話を聴いてくれると、相手に信頼感が生まれる
・相手の言う事を最後まで聴かずにアドバイスをしてはいけない
【相手に自分で課題を考えてもらう】
・自分の立てた目標をやらないわけにはいかない
・相手自身が「できる」という行動を積み重ねて自信にしていく
「どうしたらいいと思いますか?」等の質問をする

といったシンプルな方法をします。
こうして、ムリや、でもという理由を一つ一つ潰していきます。

こうすることで、あとは行動するしかなくなります。

そこで、行動していると働く姿勢が徐々に変わってきます。

こういった事を意識すると
相手が強い味方になってきます。

ぜひあなたも、困った部下がいたらこの方法を提案します。

今回は私の経験をもとにした、お話でした。

このお話で分からないことや他に悩みがございましたら
私岡田にご相談ください。
ありがとうございました。

スポンサーリンク