【人生が楽しめる人と楽しめない人の思考の違い】思考のクセを変えるたった一つの簡単な方法

よろしくお願いします。
サラリーマンの心に寄り添う心理カウンセラーの岡田です。

今回はコラムになります。

私の先生のお話で
ためになったのであなたに、お話したいとおもいます。

【人生が楽しめる人と楽しめない人の思考の違い】
について説明していきます。

人生を楽しめる人はポジティブ思考の傾向が強く
人生を楽しめない人はネガティブ思考が強いと思います。

まずはこの思考の違いについて説明していきます。

ポジティブ思考とネガティブ思考の違い

ポジティブ思考とネガティブ思考の違い

コップに5割水が入っていると
・ポジティブ思考は
 「水がまだ5割入っている」
・ネガティブ思考は
 「もう5割しか水がない」
といった考えになります。

「まだこんなにもある」と「もうこんだけしかない」の違いですね。

あなたは、どちら側の思考になりましたか?

同じものを見ても、人それぞれ感じ方が違うのですが
できたらポジティブ思考になりたいですよね。

そこで簡単にポジティブ思考になる方法を紹介します。

簡単なポジティブ思考になる方法

毎日、日記を書くことです。
ポイントは日記を書くこと
・寝る前にたのしいできごとを3個書いてみる
・慣れてくると5個10個と書く数を増やす
と、【いいことに注目する】【いいように物事をとらえる】クセを身につけていきます。

例えば
人生を楽しめる人
「楽しいことがあった」と「仕事で一つ失敗した」と両方経験したときに
仕事で失敗したことは、反省はするが後悔をせずに、楽しかったことに注目します。
寝るときに、「今日も楽しかった」と眠りにつきます。

逆に、人生を楽しめない人
「楽しいことがあった」と「仕事で一つ失敗した」と両方経験したときに
楽しいことが、仕事で失敗したことで、楽しいことがゼロになって嫌なことだけを記憶してしまいます。
寝るときに、「今日もダメだった」と眠りにつきます。

人生を楽しめる人と人生を楽しめない人の違いはここですね。

ポジティブ思考になりたいなら、いい出来事に注目するクセを付けていく事を提案します。

分からないことや、他に悩みがございましたら
私岡田にご相談ください。
ありがとうございました。

スポンサーリンク