【人生を前向きに歩きたい】ネガティブな自動思考をポジティブに切り替える方法

「根が後向きの性格でしょうがない」と自分がネガティブな性格をあきらめている方がいます。

練習で物事の考え方や受け取り方の見かたを変えていきます。

よくある例と言えば
コップに、水が5割あるとします。
ネガティブな人は
「もう、水が5割しかない」と思い
ポジティブな人は
「まだ、5割も水がある」と思います。

この違いは、「もう・・・」と「まだ・・・」の違い
仕事やスポーツで失敗したときには
「もうチャンスがない」「まだチャンスがある」になり

「もうだめだ」と「まだいける」
・「もう」の後の言葉にはネガティブな言葉がつく
・「まだ」の後の言葉にはポジティブな言葉がつく

「もういける」や「まだだめだ」という言葉はないですからね。

ポジティブ思考に切り替えるには、
口癖を意識をして、「まだ」等のポジティブな言葉を言っていきます。
心では、「もうだめだ」と思っていても
口で、「まだいける」と声に出して言うと、本当にいける気がしてきます。

色々な感情

色々な感情をプラスの感情に切り替える練習をしましょう。

不安
・ネガティブな思い込み
・先行きの心配
・行動をすることによっての失敗
対処 = 安心
・ポジティブに考える
・楽天家になる
不安に思ったことを、逆の方向から考えてみる
失敗 = 経験と前向きに考える

恐れ
・自分の手に負えない事柄
・失敗することの恐れ
対処 = 挑戦
・とにかく挑戦する
・失敗をしても次の改善につなげる
恐れを抱くということは、対象の大きさが分からない場合がある

憂鬱感
・自己肯定感の低下
・行動の鈍化
対処 = 自己肯定感を高める
・小さい事でも自分を褒める
・やる気がなくてもとりあえず行動に移す
ストレスが溜まっていないか自分自身を見直す
ストレスに強くなるための練習をする

消極的
・自分からは、関わらない
・物事を回避する
対処 = 積極的
・自分から、関わる
自分から積極的に関わることで自信が生まれる

無力感
・自分で決める事柄がない
・自分への無力感
・行動する気力が湧かない
対処 = やる気が湧く工夫をする
・小さい事でも自分で決めるクセを付ける
・ワクワクすることをする
やる気をコントロールするスキルを身につける

等があります。

私の経験

私も、基本はネガティブ【割合:ネガティブ8・ポジティブ2(イメージ)】だったのですが、
見かたを変える練習をしてから、【割合:ネガティブ3・ポジティブ7(イメージ)】になりました。

私のしたことは
・自己肯定感を高める
自分を小さい子とやなんでもいいので褒める
社会では高水準で仕事をしても、誰も褒めてくれないので、自分で自分を褒める

・とにかく行動する
嫌やめんどくさいと思ってもとにかく行動する
行動は、動き出すまでが一番エネルギーがいるので動き出すと前に進んで行く

・口癖を意識する
「やろう」「オッケー」「大丈夫」などを意識をして使うようにする
「ダメだ」「もう・・・だ」と言ってしまうことに、気づく

・物事に積極的に関わる
積極的に関わり、面白さを見つける

・上記のことを繰り返していると反射的、クセになる
繰り返していき習慣化していく

上記のことを、日々職場などで実戦をしていきました。
徐々に、自分が自然と行動できることが面白くなってきました。

まとめ

あなたは、この記事を見てどう思いましたか?

「こんなことをしても無駄だ」と思わずに「ちょっとやってみようかな」と思っていただけると
うれしいです。

ネガティブな思考になったのも、【失敗の積み重ね】や、【人に言われてそう思うようになった】【口癖】
等が、原因で習慣になったのだと思います。

この習慣を、ポジティブな思考に切り替えるのも【行動をする】【自分で言葉にする】【小さな肯定の積み重ね】
になります。

変化をしようと、小さな一歩を踏み出すことから始まります。

あなたの、何か一つでも、気づきや参考になれば、私もうれしいです。

何か分からないことや疑問、他に悩みがございましたら
私岡田にご相談ください。
ありがとうございました。

スポンサーリンク