【人間関係を築くコツ】おたがいさまの精神で安心できる関係を築く

今回のテーマは【人間関係を築くコツ】のお話をしていきます。

キーワードは【おたがいさま】です。

私の周りには、【おたがいさま】ができない人が多かったです。
この【おたがいさま】について考えていきたいと思います。

おたがいさまとは
【自分OK 相手OK】の考え方で
安心できる関係を築き

反対に
【自分NO 相手OK又相手NO】【自分OK 相手NO】は
安心できる関係が築けません。

今回のお話は、【おたがいさまの精神】で
ストレスの少ない安心できる関係【自分OK 相手OK】を目指していきます。

この記事を見て下さる方は
おそらく、相手が自分勝手で困っていると思います。

例えば

おたがいさまとは?

おたがいさま 【自分OK 相手OK】
・自分がされて嫌なことはしない
最重要の考え方
・相手を気遣える
相手が困っていたら手を差し伸べる
・相手の話をしっかりと聞く
・相手がなにか失敗をしても相手の立場で考える
むやみに叱ったりしない

基本は、自分がされてうれしい事を相手にして
自分がされて嫌な事は、相手にしない
という考え方です。

おたがいさまでない【自分OK 相手NO】
・人の話を聞かずに、一方的に話す
・物をもらうだけで、何も返そうとしない
・自分の失敗はいいが、相手の失敗は許せない
・自分はイライラを表現していいが、相手の不機嫌は許せない
・普段から助けられているのに、困っている人は見て見ぬふりをする

と自分のことを棚に上げて発言したり
気持ちのキャッチボールができない傾向があり
ほとんどの人が自分は許して、相手は許さないと
【理不尽な思考】を持っています。

おたがいさまでない【自分NO 相手OK又相手NO】
・失敗をした場合、自分を責める
・もとから相手と心の壁を作る
・助けていらないので相手も助けない
・一人になりたい
・相手の顔色を伺いすぎる
・自分に自信がない
・相手優先である

自分にOKを出していないので、
自分を蔑ろ(ないがしろ)にして、いい人間関係を築くのは難しいです
まずは、自分にOK(自分を肯定する)することからはじめます。

安心できる関係を築くコツ

それではどうするればいいのか
・【おたがいさま】ができないに人と距離を取る
相手と付き合っている間に、どんどん甘えてくる
助けてほしい時に、助けてくれない人と信頼関係を築いても意味がない

相手を変えることは難しいので、こういう人と割り切って距離を取る

・【おたがいさま】ができる人で集まる
気持ちのキャッチボールができる人と信頼関係を築く
【自分OK 相手OK】の気持ちのいい関係を築く

【自分OK 相手OK】の人が集まると、様々な事に好循環が生まれます。
お互いに苦手をフォローしあったり、相手の成功を素直に喜びます。
(足の引っ張り合いがない)

私の経験

私は、【自分NO 相手OK又相手NO】でした。
自分に自信がなく、相手を優先していました。

やさしい人は、自分に気を使ってくれるのですが
おたがいさまができない人には
ストレス発散の相手にされてしまいます。

「最初は、それでいいかな」と思っていましたが
やはり、心と体は悲鳴をあげるんですね。

体調を崩して、やさしい人以外助けてくれないので、私は気づきました。
「助け合いはいい」が「寄りかかられる」のはイヤだと

人間関係で何か一方的になると、バランスが悪くなってしまいます。
体調を崩して私が学んで気づいたことは
【人との距離感のバランスが大事】ということです。

まとめ

おたがいさまでない【自分OK 相手NO】方も見方を変えると
そうしないと、生きていけないのが分かってるいるんですね。

人に迷惑をかけてでも自分は自分で守るといった考えなんでしょう。

まとめると
人それぞれ、生き方があり、相手を変えれない変わらない
ということで
相手と相性が悪ければ、距離を取るということですね。

今回は、私の経験をメインにお話してきました。

今回のお話は、あなたの参考になりましたか?

今回のお話で分からないことや、他に悩みがございましたら
私岡田にご相談ください。
ありがとうございました。

スポンサーリンク