【仕事をしながらうつ病は治せますか?】サラリーマンの悩みを解決

よろしくお願いします。
サラリーマンの心に寄り添う心理カウンセラーの岡田です。

今回のお悩み相談は
【仕事をしながらうつ病は治せますか?】です。

サラリーマンをしていると、どうしても
メンタルの悩みが付きまといますよね。

今回は、仕事上の原因を取り上げています。

私の経験をまとめに書いていますので
よかったら読んでみてください。

仕事でのうつの原因を探る

 仕事の内容とうつの原因
・仕事がハード
・長時間勤務
・人間関係
・仕事が自分に合っていない
不満等が原因になります。

メンタル疾患になり心療内科、精神科に受診しても
医者は休んだほうがいいと言いますが
休まずに働かないといけない現状があります。

一人で抱え込まずに、まず会社と相談が最優先になります。

うつを治す

解決方法
・うつの原因を特定する
うつの原因を取り除くとうつが治っていく

・会社の上司に相談する
内緒でうつを治すのは無理
職場の配置を換えてもらう
仕事量をへらしてもらう
会社に受け入れてもらえると仕事をしながらうつ病を治せる
会社、上司、同僚の協力が不可欠


人間関係が原因
一度休み復帰しても人間関係が改善されていないとまた同じ状況になる
人間関係を改善しないと、薬でごまかしてもいつかうつ病になる

会社と協力してうつの原因を軽減していき適切な方法で治療(カウンセリング)とすると改善されていきます。

もし退職することになったとしても
他に、いい会社はたくさんあります。

まとめ

最後に私の経験になります。

社会に出て、二社目の会社で、適応障害になり退職した経緯になります。
入社二年面になり社長、上司の高圧的な態度に最初は我慢していましたが
しだいに体が悲鳴を上げて体調を崩してしまい、三週間休職をしました。

会社復帰後に、社長から謝罪と態度の改善を約束してもらったが
二か月たったころからまた、前のように高圧的になりました。
しまいに、また私が落ち込んでいき
社長に相談しましたが「お前のためや」といい態度の改善をしてもらえませんでした。
一カ月ほど我慢していましたが、体調を崩してしまいました。
心療内科を受診して「適応障害」といわれたので、退職を決意しました。

退職理由は
・社長、上司が高圧的
・社長が私にだけ休日出勤を要請する
・チームの責任の8割を私に被せる
・同僚が協力的でない
等、体調を崩したあとも、改善できませんでした。

仕事の悩みの大半は人間関係だと思い知った出来事でした。
頑張りすぎるとメンタルをくずしやすく
メンタルを崩しても、会社は助けてくれないと思い知りました。

私の経験から
メンタル疾患が深刻にならないように、立ち回る必要がありますね。

分からない事やその他の悩み相談があれば
ぜひ、私岡田にご相談ください。

スポンサーリンク