【仕事を続けるか辞めるか】一つの参考にしていただければと思います。

今回は【仕事を続けるか辞めるか】というお話になります。

うつや適応障害といったメンタル疾患の方や
人間関係のストレス等で悩んでいたら、一度は考えると思います。

仕事は、続けるか辞めるかは
【自分自身で決める】ということが大切になります。

相談してもある人は、
「俺もしんどいから、一緒に頑張ろうぜ」
「それは、甘えだ」
「どこ行っても、通用しないぞ」
と言われて、辞めずらくなったりするかもしれません。

そこで、ある程度の基準をお話していきます。
・会社はブラック企業でないか
・仕事に楽しさを見出しているか(イヤイヤ仕事をしていないか)
・人間関係はどうか(従業員間の助け合いはあるか)
があげられます。

それでは詳しく説明していきます。

会社はブラック企業でないか

ブラック企業の定義
・恐怖で動く
人を、恐怖で縛り働かせる
・ハラスメントがある
パワハラやセクハラが横行している
さらに、会社的に黙認されている
・正当な賃金が支払われない
責任だけ増えて給料が増えない
上司のお気に入りが優遇される
・法律を破っている
残業しても賃金がでない
不当な休日出勤がある

このことをふまえて
この先、一年、五年、十年と未来の自分を想像して
仕事にやりがいや、職場に居場所があるかを考えてみる。

仕事に楽しさを見出しているか

仕事にやりがいや楽しさを見出しているかを考えます。
・【好きこそ物の上手なれ】という言葉があるように好きなものほど自分自身のスキルになる
・自分自身が積極的に仕事に取り組めているか

仕事をイヤイヤしていても、上司に伝わり、不当な扱いを受ける可能性がでてきます。
仕事が、好きだと仕事もプライベートも充実してきます。

自分は何をしたいのかを掘り下げます。
・農業
・製造業
・営業
・その他
・自営業  等

人生をかけてスキルを身につけていくので、
早い段階で身につけると、社会の人材として有利になります。

人間関係はどうか

人間の悩みのほとんどが、人間関係(対人関係)にあるといわれています。
私も、人間関係の悩みで退職しました。
その内容は
・上司からの圧力に耐えれない
叱咤激励の頻度が多い
常に緊張状態を強いられる
・自分だけ仕事のハードルが高い
真面目に頑張るとハードルがあがってしまう
・従業員間で馴染めない
やる気のない人が多い
変化を嫌う人が多い
・能力と責任のバランスが悪い
能力をこえた責任の仕事で失敗してしまう
・職場の空気が悪い
自分勝手な人が多い
等、仕事以外で疲れてしまうことも多々ありますね。

こういうことがあると、仕事にも影響して
やる気やパフォーマンスが低下して悪循環に陥ります。

こういったことがあると、
何年先の先行きも不安を感じてしまいますね。

まとめ

私情が入りますがすみません。
私は、誰よりも仕事を頑張ったと自負しています。

しかし、会社というのは、不平等なもので
その仕事ぶりは評価されません。

私が、体調を崩しても
「責任ある立場でなにをしているんだ」
「もっとしっかりしろ」
と言われてそれが退職の決定打となりました。

仕事を続けるも辞めるも大変【勇気】がいる行動です。

今、我慢していても
五年後十年後に体調を崩しても
会社は助けてくれないことはおぼえていてください。
(悪い会社ばかりではないですが)
私の経験談になりましたが
辞めるも続けるもあなた次第です。

私の役目は
あなたの相談にのり一緒に考えることです。

答えはありませんが、一緒に考えましょう。
疲れる話を最後までお聴きいただきありがとうございました。

このお話で分からないことや他に悩みがございましたら
私岡田にご相談ください。
ありがとうございました。

スポンサーリンク