【信頼できる人の見分け方】簡単に見分ける二つのコツ

よろしくお願いします。
サラリーマンの心に寄り添う心理カウンセラーの岡田です。

今回は、コラム
【信頼できる人の見分け方】のお話をしていきます。

あなたは、信頼できる人、信頼できない人について考えた事はないですか?

私も先生からこの話を聞いてなるほどと思ったので、シェアしたいと思います。

信頼できる人の見分け方

・一緒に行動していい人か
・知り合いになりプラスになる人か
・近寄らない方ほうがいい人か
を普段は意識しないかもしれませんが、一緒に考えてみませんか?

人を判断する基準
・内向的、外交的
・趣味があう、あわない
などあると思いますが

信頼できる人を見分ける方法

 簡単で重要なこと
・自分が自分がタイプ【For Me】
自分のことばかり話す
自分への関心が強い
自分のペースでないと嫌がる

自分中心で行動するのでトラブルに巻き込まれやすい
心が狭い傾向にあるので、一緒にいて安心できないかもしれません。


言いたいことを言ったら満足をして、こちらが話していると興味を示さない
自分はいいが、相手はダメというワガママタイプ

・あなたのためにタイプ【For you】
器が大きい、心に余裕がある
自分のことより相手に興味をもつ
人との距離感をもって接する人
自分をコントロールすることができる

多少のこともフォローしてもらえる。
多少のことでは怒ったりしない

適度に、言いたいことを言い、相手の話は興味を持って聴く

相手と少し話してみると
どちらかのタイプに当てはまると思います。

まとめ

あなたのためにタイプの人と関わっていると安心できると思います。

多少偏見があるかもしれませんが
私自身も、自分が自分がタイプの人と距離をとっています。
経験ですが、相手が困ったら助けてといい
私が困ったら、知らんぷりで他人事のようです。

自分中心の人はやはり信頼をしづらいので割り切って付き合い
なるべく他人のことを想える人と付き合いたいですね。

分からないや、他に悩みがあるなら
私岡田にご相談ください。
ありがとうございました。

スポンサーリンク