【信頼関係の築き方】価値観のキャッチボールで相手を受け止める

今回は、【信頼の築き方】のお話になります。

テーマは、上下関係のない、横の関係の場合のお話です。

上下関係は、社会的に従わざるおえない状況があるので
サラリーマンや学生の立場は、切っても切れないですね。

そういうことで、縦の関係は置いておいて
自分自身で、相手と築ける横の関係になります。

横の信頼関係とは
・お互いの価値観を理解している
・お互いに尊敬している
とお互いに良い距離感でいることですね。

相手の価値観を受け入れてなおかつ
自分の価値観を伝えている対等な関係です。

横の信頼関係での間違い
・自分の価値観を押し付ける
「それは間違っている」と相手を否定する
・相手を思い通りに操作したい
相手の話を聴かずに強制する
・自分の価値観を伝えない
相手の価値観に同意して自分の価値観を伝えない
相手を優先する
といった、対等の関係でないです。

誰かが、自己中心的になるといい信頼関係は築けないので
自己中心的な人は、そういう人だと思い
距離を取る方がいいですね。

信頼関係とは
野球でいうとキャッチボールみたいなものですね。
相手の価値観を受け止めて自分の価値観を投げ返す。
みたいな感じです。

自分や、相手ばかりボールを投げていると
キャッチボールとは言わないですね。

お互いに価値観をぶつけ合うような
どちらかが勝つまでやる、ドッジボールはしんどいですよね。

ということで今回のお話は
会話のキャッチボールをして信頼関係を築きましょう。
というお話でした。

このお話で分からないことや他に悩みがございましたら
私岡田にご相談ください。
ありがとうございました。

スポンサーリンク