【大人になってからの友人の作り方】人間関係の三つの枠

よろしくお願いします。
サラリーマンの心に寄り添う心理カウンセラーの岡田です。

今回は、コラムになります。
【大人になってからの友人の作り方】ということで
社会人になると、なかなか職場外の友人はできにくいですね。

私は、仕事をしているときは、
仕事と買い物以外ほとんど家にいたので、
社会人になってからの、友人はいないですね。

今回は、友人の枠を三つに分けています。

友人の枠
・仕事関係の繋がり
・昔からの友人
・家族、仕事関係以外の友人

・仕事関係の繋がりの友人
もし困ったことがあったらお互いに助け合えるか?
仕事を辞めた後のつながりをもてるか?

ということで、仕事のつながりがなくなると
どんなに仲良くしていてもほとんどの場合、疎遠になっていくと思います。
一部で、付き合いは続くかもしれませんが

・昔の友人
なかなか会えないだったり、地元に帰らないと会えないと
頻繁に会えないや、お互いに家庭をもつとさらに会えなくなります。

気心のしれた友人と仕事を抜きにした話ができるのがいいですね。
しかし、私のように、学生時代を一人で過ごすこともあるので
他の方法も考えていきます。

・家族、仕事関係以外の友人
市の体育館での趣味サークル、スポーツ同好会
スポーツクラブ
Facebookの趣味仲間
等が挙げられると思います。
自分から積極的にイベントに行くと同じ好きな事をもつ仲間に出会えます。

【利害関係のない友人】とは
少しやらしい言い方ですが
すごく仲のいい職場の友人に
仕事の愚痴をいうと何らかの形で会社に伝わる
ことは利害関係があるということ

職場以外の関係で仕事の愚痴を言っても
そうそう会社に伝わらない友人を持つと安心できる

友人の枠として
第一・・家族
第二・・職場

そして第三の人間関係(家族とも職場関係でもない)を持つと精神的に安定します。

第三の関係の利点は仕事の話をしなくていいということで、
ストレス発散が仕事の活力になります。

ぜひ参考にしてみてください。

分からないことや、他に悩みがあるなら
私岡田にご相談ください。
ありがとうございました。

スポンサーリンク