【好きな人を避けてしまう!?】好き避けの心理を理解して、仲良くなる2つの方法

今回は、好きな人から逃げてしまう心理【好き避け】のお話です。

好きになると、気になるのに、離れてしまったり
素っ気なくなったり、邪険にしてしまったりします。

そういった心理を掘り下げていきます。

【好き避け】の原因

 原因
・自信がない
心の準備ができない
自信がつくと行こう
・相手にされなかったときの保険
相手にされなかったときの恐怖で身動きがとれない
・関わり方が分からない
コミュニケーションの取り方が分からない
・駆け引きだと思っている
本やネットの得た知識を使う

この4つが主なポイントになります。
だいたいの避けてしまう理由は自信の無さからくるものだと思います。

【好き避け】の解決方法

解決方法
・自分を良く見せようとすることをやめる
ありのままの自分をみてもらう
・【今の自分】を受け入れる
ありのまま自分で相手に嫌わるのなら、どうしようもないことと割り切ります。

良く見せようと背伸びした姿を見せて、付き合ったらどうなると思いますか?

可能性として
お互いに素の部分が見えてくるので「昔はこうじゃなかった」等を言われて
背伸びした自分と素の自分のギャップができ、失敗する可能性が高まります。

相手の好みの波長に合わせていると
いざ自分の好みの波長に戻すと波長が合わなくなりギクシャクしてしまいます。

頑張れば頑張るだけ将来的に上手くいかなくなるということです。
最初から、同じ好みの波長が合う人と、いい関係を築くことをオススメします。
まとめると【今の自分】を受け入れてくれる人と関係を結ぶことで、長期的に良い関係になります。

私の経験

私の経験ですが、
22歳頃まで、本当に人を避けていました。
どうでもいい(失礼ですみません)人には、普通に話せるのですが
気になる子の事になると、変に意識してしまいました。

背伸びをしていたら、何かしらの緊張感が出て相手に伝わって
相手は変な緊張で身構えてしまいます。

そこで、背伸びをしても、空回りしてしまうので素の自分を出す練習をしました。
まずは、素の自分を意識して、今自分は、素か背伸びをしているか、客観的に理解することです。

自分を客観的に見れるようになると、背伸びや緊張しても、あっと気づけ気持ちを修正できるようになります。

まとめ

今回は、【好きな人を避けてしまう心理】のお話でした。

どうしても、好きな人にイイカッコしたいですからね。
でも、長い目で見るとお互いに素でいれる関係を築きたいですね。

何か分からないことや、他に悩みがございましたら
私岡田にご相談ください。
ありがとうございました。

 

スポンサーリンク