【年上の同僚に悩んでいます】先輩社員との関わり方

サラリーマンをしていると
「会社に年上の先輩社員のワガママに困っています」
「勝手に仕事を決める先輩に困っています」といった悩みが出てくると思います。

私の経験のワガママな先輩社員は
・自分の仕事は誰かに押し付けて、誰かが困っていても知らんぷり
・自分の仕事が残っていても、定時で帰ってしまう
・どうにかして自分の仕事量を減らそうとする
と少しでもラクをしようとして、仕事を振ると拗ねていました。

あなたの悩んでいる先輩社員はどんな方ですか?

もしあなたが、先輩社員に悩んでいたとしても、相手を変えたいと思わないことですね。
アドラー心理学でいうと、【課題の分離】といい
【自分は自分、相手は相手】という考え方があり

先輩が「さぼりたい」「ラクをしたい」という思いに
あなたが、関わったらダメなんですね。

あなたが、できる解決方法は、【上司に相談する】【できるかぎり関りを持たない】になります。

それでは順にお話していきます。

解決方法

困る先輩社員がいた場合、できる解決方法は、
【上司に相談する】【できるかぎり関りを持たない】ということでその理由は

【上司に相談する】
・同僚と波風立てたくない気持ちがあると思うので、上司に判断を仰ぐ
・自分に不利益が来た時の保険を作っておく
【できるかぎり関りを持たない】
・距離をとっていると、頼みごとがされにくくなる
・無理に気に入られようと思わない
・頼まれることがあれば、断る
一つ断ると、次は頼まれづらくなる

自分で解決しようとせず、上司に相談して、あまり関わらないようにするのがベストだとおもいます。

私の経験

私の経験のお話をします。

私が、悩んでいた先輩社員は、ワガママですが、グループの中心でした。
味方が多く、敵対するにはリスクが高すぎました。
ほとんどの方が「見て見ぬふり」や、「あの人はああだからしょうがない」とあきらめていますた。
そのことの、いい悪いは、上司に相談して、上司の判断に任せました。

上司が、指導しても心を入れ替えようとしないので、もうしょうがなかったですね。
あまりその先輩社員に関わらないようにしていました。

まとめ

会社では、こういった
困った社員が会社に残って、真面目な後輩がやめていくのを何度か見てきました。
困った社員は自ら会社をやめることはないので、自分自身がどうかかわるかを考えていかないといけないですね

この記事でなにか参考になれば私はうれしいです。

分からないことや、他に悩みがございましたら
私岡田にご相談ください。
ありがとうございました。

スポンサーリンク