【忘年会や飲み会の参加が嫌な方へ】強制的に会に参加をさせられる苦痛を和らげる考え方

今回は【嫌な会の苦痛を和らげる】というお話になります。

私も基本的に、忘年会や新年会、飲み会が好きではありません。

この記事を見ているということは、
あなたも、飲み会は好きではないんではないですか?

今回はお話をしやすいように
歓迎会、忘年会、新年会、普段の飲み会をまとめて飲み会といいます。

飲み会の面白くないことろは私の経験ですが
・上司や先輩の愚痴を聞く
・上司や先輩にお酒を注いだり食べ物の注文と気をつかう
・特に会話の種がない
・上司や先輩に囲まれると地獄
・同僚や後輩は絡まれないように逃げる
といったことがあるからだと思います。

この面白くない飲み会をどうやって過ごすかいつも苦痛でした。

私はトイレといって、外に逃げたり、暇すぎて寝たふりをしていました。

そんな面白くない飲み会ですが
面白くする方法があります。

飲み会を面白くする方法

飲み会を面白くする方法は
1、目標を持つ
上司を自分の力で気分よくできるか
普段話さない人に声をかけてみる
2、やらされてる感を和らげる
積極的に飲み会に参加してみる

まとめると
【ゲーム感覚で飲み会に参加する】ということです。
自分なりの目標や課題を持って、その課題に挑戦してみることです。

普段話さない人に話しかけてもいいです。
話しかけることは、いい経験になり
失敗してもなんのマイナスにもなりません。

私は、こうして飲み会をゲーム感覚で
コミュニケーションの練習の場として利用していました。

強制的に参加するので、利用しないともったいないですからね。

今回のお話は、あなたはどう思いましたか?

このお話で分からないことや他に悩みがございましたら
私岡田にご相談ください。
私はこう思った等の感想も頂けると嬉しいです。
ありがとうございました。

スポンサーリンク