【怒りの発生源】なぜ怒りを感じるのか?相手に思いやりがあるか考えてみましょう。

今回は【怒りの発生源】のお話になります。

先に答えを言ってしまうと
【期待を裏切られた】からです。

相手にこうしてほしいと、思っていても
相手は思い通りに動かない時に怒りを覚えます。

なぜ、怒りを覚えるかというと
相手を思いやっていないからです。

何に期待するのか
・仕事を早くしてほしい
・思い通りにしたい
・自分中心に動いてほしい
・自分の要求を通したい
などがありそれが、かなわなかった時に怒りを覚えます。

例えば
部下の仕事が遅い場合
仕事が遅い事実だけで怒ってしまいますが
もしかしたら、家庭でなにかあったかもしれないですし
体調が悪かったかもしれません。

そこで、私の経験上、その仕事の遅い人に対して
事情を聞かずに、「仕事を早くしろ」と怒りに任せて圧力をかけて
相手が言いたいことも言えない状態になります。

相手を思いやる心があれば、事情を聞き
改善できた可能性があったかもしれません。

表面だけの事実で怒らずに、相手の話を聞いたら
もしかしたら、納得をして、怒りを覚えなかったかもしれません。

夜眠れない場合のイライラ
夜に寝ようとして寝れない場合があります。

これは、身体にすんなり寝てほしいという期待があるからで、
寝ようとしても、すんなり寝れないことで、期待を裏切られて、
イライラをしてさらに寝れない状態になっています。

この場合の解決策は、「なかなか寝つけないんだね」と自分の心に寄り添います。

こういったことの、解決策
・自分が何に怒りを覚えたのか
・その原因は自分の想像なのか
・相手の立場に立っているのか
を冷静に考えると怒りを覚えなくなります。

相手の仕事が遅かったら、その事実に怒るのではなく
相手と話してみることで、分かることもあります。

もし、相手に怒りを覚えたら、一度冷静に考えることです。
相手の話を聞いてみようや自分の思い通りにならないからだなと
客観的に見てみましょう。

この【客観的に見る】と【相手を思いやる】と【過度な期待をしない】
ことができれば怒りを覚えることが少なくなります。

あなたの周りに怒っている人はいませんか?

私の経験で職場で怒っている人
・自分の話や愚痴を聞いてくれない
同意以外いらない
だまって聞いてほしい
・自分の思い通りに動かない
自分の仕事をやってくれ
・自分をヨイショしてくれない
もっと褒めてくれ

そういった方はどこか、自己中心的で嫌われてる人が多いですね。

あなたは、こういった方を見てどう思いますか?

このお話で分からないことや他に悩みがございましたら
私岡田にご相談ください。
私はこう思った等の感想も頂けると嬉しいです。
ありがとうございました。

スポンサーリンク