【相手に理解して行動してもらう方法】相手に変化を求めることは・・・

あなたは、「相手に変化や成長をしてほしい」「人に理解してほしい」
と思っていませんか?

相手の考え、行動を変えようとしているのですね。

アドラー心理学では、【課題の分離】といって
【相手の問題であって、自分の問題ではない】
ということで

【過去と他人は変えられない】ということになります。

例えば
親が子供に「勉強をしなさい」といっても、子供は、反発します。
それは、親の勉強してほしい気持ちを押し付けているからです。

しかし、恐怖で相手の変化を促す方法もありますが
これは、アドラー心理学でいうと、相手に復讐心をを植え付けてしまいます。
うわべだけの、変化になり、その人がいないと普段通りになり
隙あらば敵対心をだすのでオススメしないです。

私の、昔の会社の上司が高圧的に部下を叱り、怒鳴りで
恐怖で縛るタイプで、ほぼ全員がうわべだけのイエスマンでした。

それでは、そうならないようにどうすれば、
相手が理解してくれるかを書いていきます。

理解してもらう方法

相手に変化をしてほしいときの方法
・相手と信頼関係を築く
話を素直に聞く耳をを持ってもらう
・興味や関心がないから聞く耳をもたないと理解する
少しづつ、興味を引くように、軽く話の話題にする
・最初は「興味、関心を持ってもらう」
興味関心をもっていない状態で話をしても
拒絶反応でより心が閉じて、話を受け付けなくなる
・「ちょっと関心を持ってもらう」程度にする
・相手に強制して言ってはいけない
・3~6ヶ月の間隔で徐々に心を開く
すぐに、変化を求めると相手が反発してしまう
・【アイメッセージ】を送る
アイメッセージとは、「何々してくれて私はうれしい」や「ありがとう」
と言う、自分の気持ちを相手に伝える方法

例えば
あなたの好きなマンガを友人にオススメするとします。

急に「このマンガ面白いよ、読んでみて」とマンガをオススメしても、
「また今度見るわ」とすぐに本屋に買いに行かないでしょう。

そこで、いいタイミングで、「マンガのここ面白かった」と
感想だけ言います。
そうしてるうちに、友人も「なんだか読みたくなってきた」
となっていきます。

私の経験

私の経験のお話をします。

私は、製造業でリーダーをしていたので、
相手を仕事にやる気を持つように変化をして欲しかったです。

私は恐怖で相手を変化させるタイプではないので

 そこで私がしたこと
・信頼関係を築くために積極的にコミュニケーションをとる
信頼関係があると話を受け入れてもらいやすくなる
・ちょっとずつ、小さいお願いからしていく
相手の反発を買わないよう気をつける
・【アイメッセージ】を送る
あいさつ「おはようございます」や
お礼「ありがとうございます。助かりました。」を、きっちりとする

私は、上記のことを意識をしてやっていました。
上記のことを意識していると相手に伝わり
相手もそれに答えてくれます。

やっていることは同じかもしれませんが
この命令するような【強制感の言葉や空気】一つで相手も変わってきます。

私も、この命令するような感じを出さないように日々気をつけています。

まとめ

今回のお話はどうでしたか?

あなたも、相手から、変化を求められると反発してしまうかもしれません。
わたしもそうです。

このことを意識して、家族や友人、その他人間関係に役立ててもらえると
私もうれしいです。

分からないことや、他に悩みがございましたら
私岡田にご相談ください。
ありがとうございました。

スポンサーリンク