【適応障害】ストレスに押しつぶされないように原因を考える

適応障害とは、メンタルに不調をきたす病気で
明確なストレス源が存在していて
「憂鬱」や「イライラ」することでストレス源に適応できないことをいいます。

そこで適応障害を治す方法は
【原因となるストレスを取り除く】ということです。

では次から詳しいお話をしていきます。

適応障害とは?

適応障害とは?
・3カ月以内に、精神的不調になること
・原因と症状の関係が明確
・原因がなくなれば症状が良くなる

ストレスが原因で症状がでて、
ストレスがなくなると症状が改善する

適応障害の症状が重度化して、うつ病などになってしまうので
早い段階で、メンタルの不調に気付き改善する必要が出てきます。

適応障害を治す方法

ストレス源を取り除くために何にストレスを感じているのかを掘り下げます。
原因と結果で、原因を取り除いて、改善しないと結果は同じになります。
 会社の人間関係によるストレス
・そのストレスの原因の人から離れる
 業務内容のストレス
・仕事が合わないなどが原因

病院に適応障害と診断をもらい休職をしても
人事異動などでその原因の人や業務から離してもらわないとまた同じことになります。

休職中はストレスの原因がないので体調は戻ります
休職中に改善しておかないと、会社に行くときになると、今までの体調が嘘かのように悪くなります。

休職中に、適応障害になった原因をしっかりと掘り下げて
その原因を、回避や、適応できるように練習するようにします。

下のリンクを押していただけると
私の経験のページに行くので参考にしてみてください。

まとめ

適応障害になって分かりましたが、
ストレスの原因を恨んだり、自分の弱さに嘆いたり、本当にくやしいですね。

適応障害になるものはしょうがないと思い
適応障害にならないように、改善していく必要があります。

分からないことや、ご質問、ご相談などございましたら
私、岡田にご相談ください。
ありがとうございました。

スポンサーリンク