【メンタル改善】ポジティブシンキングの適切な方法と間違った方法

今回は【ポジティブシンキングの適切な方法と間違った方法】のお話になります。

なぜ、こういったお話をするかというと、
「暗い性格が嫌だから、明るい性格になりたい」
「今の自分ではダメだ」
と思っていて自分を否定しても上手くいかない場合が多いからです。

明るい性格(ポジティブ)になりたい理由は
今の暗い性格(ネガティブ)を変えたいからだと思います。

そこで、なぜ明るい性格を目指しても上手くいかないとというと
【今の自分を否定している】からです。
極端に言うと、ネガティブな性格からポジティブな性格にはならないからです。

では、どうしたらいいかというと
今のネガティブな性格を受け入れつつ
ポジティブな要素を取り入れて
ポジティブな性格の部分を広げていくということです。

人にはネガティブな部分と
ポジティブな部分があり
その人の性格はどちらかの要素が強い
又は焦点を当てているということです。

ネガティブな部分が強い
・悪い事に目がいく
・行動が消極的になる
・不安を感じやすくなる
・自分の都合の悪い想像をする
・相手の顔色が気になる

ポジティブな部分が強い
・いい事に目がいく
・行動が積極的になる
・自信がある
・明るい未来を想像する
・コミュニケーションをとる事が楽しい

等があり、仕事はネガティブでも、趣味にはポジティブと
人には、両方の性質があり、その時々で焦点が変わるということです。

とくに、苦手な事には、ネガティブになり
楽しい事や趣味にはポジティブになる傾向があります。

このことを意識していないと
ネガティブな事に意識していて
「自分はネガティブでダメだ」と
ネガティブな面ばかりに焦点をあててて
自己嫌悪してしまいます。

例えば
仕事で褒められても
「やってとうぜん」と思っていたら感情が動かず
仕事で失敗すると、「自分はダメだ」とネガティブに感情が傾きます。

こういった事をふまえてのポジティブになる方法
・自分のポジティブな要素を見つけて気づく
ポジティブな面に気づく
・実際に行動してポジティブの要素を拡げる
積極的に行動してみる
(行動した後に自分を褒める)
・今の自分を受けいれる
極端にポジティブになりたいと思っても無意識が
今までの自分に引き戻してしまうので今の自分を否定しない

と正確には、ポジティブの要素に注目して育てるクセを身につける
ということです。

自分自身にポジティブな要素がありことに気づくと
あとは、必要な時にポジティブになるクセを身につけて
ふと、ネガティブな感情がでてきても
ポジティブな感情を引き出せるようになります。

こうすると
自分はポジティブな面がある➡行動する➡自信になる
好循環が生まれます。

ということで今までは
自分はネガティブだ➡行動できない➡自信が無くなる
という悪循環で、ネガティブな要素を強化していたんですね。

最後にまとめると
ポジティブな行動をして、自分に自信を持つという好循環を
作り、ポジティブな要素を強化していきましょう。
というお話でした。

このお話で分からないことや他に悩みがございましたら
私岡田にご相談ください。
ありがとうございました。

スポンサーリンク