【うつ、適応障害対策】不機嫌で怒りやすい人は、怒る理由を探している

今回は【不機嫌で怒りやすい人は、怒る理由を探している】というお話になります。

あなたの、周りに常に不機嫌で攻撃的な人はいませんか?
一つでも気に入らないことがあると、避難や罵倒の攻撃をしてきます。

それを、自分の事として捉えると、自分の心の負担になり
うつや適応障害等のメンタル疾患になるリスクが高まります。

私自身が相手の攻撃的な感情を真に受けて、
相当心が疲れました。

そこで今回のお話は
【相手が怒っているのはあなたのせいでなく、怒っている人のせい】
ということを説明していきます。

どうしても、相手から非難や罵倒等といった、攻撃をされると
ストレスだったり、落ち込んでしまいますよね。

そこで、相手に攻撃をされても、
【怒っているのは相手のせい】と割り切ると
少しは負担が軽くなると思います。

もう一つ、相手は常に怒る材料を探しているので
極力近づかない事です。

怒る人の心理

怒る人の心理
・基本はストレスの発散
さまざまな要因で溜まりに溜まったストレスを吐き出そうとする
・自分の怒る正当性を探している
不当に怒ると反感を持たれるので、正当な怒る理由を探す
相手はこうしたから怒っていいと自分に言い聞かせる
・不安な気持ちでいっぱい
怒らないと誰もかまってくれないと思い込んでいる
・不機嫌になると他者がかまってくれる
不機嫌になると誰かがご機嫌を取ってくれることを学んでしまう
・相手を怒りで操作をする
相手を威圧して素直にしようとする
・自分の気持ちが伝わらないもどかしさ

と基本は自己中心的で他者に迷惑をかけてしまいます。
傾向として、自分の事を棚に上げて言動する場合があります。

自分は休憩時間を守っていないのに、他の人が時間を守っていないと
「お前は時間も守れんのか!」と言います。

客観的に見るとやはり理不尽ですよね。

このことを意識をしていると、
【ただ相手は怒って自分を優位にしたいんだな】と思えると
相手を怒らせたという罪悪感はなくなると思います。

このお話で分からないことや他に悩みがございましたら
私岡田にご相談ください。
ありがとうございました。

スポンサーリンク