【人間関係の改善】同じ気持ちの交換、相手を信頼すると相手も自分を信頼する 

今回は【相手を信頼する】というお話です。

まず信頼を得たいなら、相手を信頼しようということです。
逆に、相手を疑ってかかったら、相手はどう思うでしょう?
ほとんどの方は、疑われたら疑い返すでしょう。

人間関係とは、同じ気持ちの交換ということで
相手に投げた感情は、その感情のまま返ってくるということです。

そこで相手のことを、信頼するコツと方法は
・相手は自分と同じ気持ちである
同じ環境と状況なら同じ気持ちになりやすい
投げた感情と同じ感情が返ってくる
・相手は自分のことで、精一杯
相手は、相手のことを意識をする余裕がない
・相手の感情を想像しない
相手の気持ちは相手のもので聞いてみるまで分からない
相手の気持ちを想像はできても、そう思っているとは限らない

というコツがあります。

あなたは、相手を第一印象で信頼できないと思うと
先入観で、不信感をもちながら話しかけることはないですか?

お互いに、話しにくそうと思うと
本当に会話がぎこちなくなることもあります。

自分から、負の感情で接しないように意識をしましょう。

人間関係で大切な考え方で
【同じ気持ちの交換】ということで
自分から、相手を信頼しましょうというお話でした。

このお話で分からないことや他に悩みがございましたら
私岡田にご相談ください。
私はこう思った等の感想も頂けると嬉しいです。
ありがとうございました。

スポンサーリンク