このページは、失敗しないカウンセラーの選び方ということで、
何を見て自分に合うカウンセラーかを見ていきます。

これらを知っているかどうかで
あなたの悩みが解決するかが決まります。

カウンセラーの選び方

まずはカウンセラーの選び方になります。

色々な手法が扱えるカウンセラーを選ぶ
相談者様の悩みに、柔軟に対応できる

・人生経験が豊富なカウンセラーを選ぶ
例えば、うつを乗り越えていない人がうつの悩みに乗る場合説得力がない
相談者様の悩みに近い悩みを乗り越えたカウンセラーを選ぶことが大切

・相性が合うカウンセラーを選ぶ
どんな人生を歩んできたのか?を見て選ぶ
無料相談で一度カウンセラーと話してみる
【無理だと思うと別のカウンセラーを探す】

・聴く力と導く力の両方が備わっている
聴く力とは、相談者様に寄り添って悩みを聴くこと
導く力とは、相談者様の悩みの解決を一緒に模索すること

これらを意識してカウンセラーに接すると
自分に合うカウンセラーか、分かる基準になります。

カウンセリングを受ける時の心構え

カウンセリングを受けて効果がでる人の特徴
・自分を見つめれる人
・少しの変化を感じれる人
・素直に行動できる人
・本気で今の悩みを解消したいと思っている人
・自分をなんとかしたいと思っている人

カウンセリングを受けて効果がでない人の特徴
・理屈だけの人
・頑固な人
・自分の考えを曲げない人
・他人を変えようとして自分は変わろうとしない人
・何も行動しない人

あなたはどうでしょうか?

効果がでる人の特徴を意識していると
だんだんとそういう考え方になっていきます。

効果がでない人でも、しっかりと意識していると
少しづつでも効果がでてくるようになります。

湧きおこる感情をカウンセラーに言ってみましょう

お互いに人間なので少しのすれ違いはあるかもしれません。
そこで、小さなことでも、相談者様がカウンセラーに
言いたいことを言えることが大切になります。

その、小さな言いたいことや不安が積み重なり
カウンセラーに不信感をいだいてしまい
カウンセリングに影響がでてきます。

そこで、しっかりと相談者様の声を聴く
カウンセラーか見極めてください。

真っ当なカウンセラーであれば、突き放したり、怒ったり
することは決してないでしょう。

100%あなたの味方です

カウンセラーには守秘義務があります。

なので、安心してあなたの思いをお話していただいて大丈夫です。

普段、言えないことや辛いことを出し尽くしてください。

言えないことを吐き出すと
・なんだかすっきりした
・言葉にすると自分が少しわかってきた
・自分はこう思っていたのか
と今までと違う世界が見えてきます。

そのために私はあなたの話を味方として全て受け入れます。

悩みの解決に向けて

悩みの解決を考えるだけでなく、あなた自身で悩みを解決できるようになっていきます。

そのためには、宿題をやっていただきます。
はじめは、効果を感じにくいかもしれませんが
確実に変化をしています。

悩みや問題を避けていても、後回しになってしまうので
少しづつでも、悩みや問題を考えて行きます。

そして、自信をつけていきましょう。

スポンサーリンク