【人間関係の改善】心地よい人間関係 当たり前のことをすると人間関係が円滑になる

今回は【心地よい人間関係】のお話になります。

どうしたら、人間関係を円滑にできるかで悩んでいる方に
基本的なことになりますが、基本だからこそ重要になります。

大切なのは、素直になって気持ちよく相手に接することになりますね。

心地よい人間関係を築くコツ
・相手に興味を持つ
・あいさつをしっかりする
仲がよくてもあいさつはしっかりとする
元気よくあいさつをする
先輩、後輩関係なく自分からあいさつをする
・感謝をしっかりとする
仲がよくても「おう」と言わずに「ありがとう」と言う
感謝の心で接する
・相手を褒める
ベストはお互いに褒めあう
相手のいい所を見つけるクセをつける
的確に褒めると、相手は悪い気はしない
素直に褒めると相手に伝わる

といった、当たり前のことかもしれませんが
この上記のことができている人を
前の職場でほとんどいなかったです。

例えば
・「おはようございます」と言っても聞こえるか分からないぐらいの小声で返ってくるか、「おう」と返すか無視をする。
・同僚を手助けをしても、「ありがとう」と言わない
・私が相手を褒めても、相手は喜ぶだけで褒め返さない
・そもそも相手から会話をしない
と私が嫌われてるんじゃないかと思うぐらいに、相手は人に興味を持っていなかったです。

職場でもこの基本がしっかりしている人は傾向として
仕事ができたり上司から信頼されたりしていました。

社会では、どれだけの人がこの
当たり前のことを当たり前にできているかですね。

もし今できていなくても、何か一つでもしていくと
どんどん相手からの印象が変わってきます。

このお話で分からないことや他に悩みがございましたら
私岡田にご相談ください。
私はこう思った等の感想も頂けると嬉しいです。
ありがとうございました。

スポンサーリンク