【部下を褒める時の悩み】相手を尊敬しても、相手から尊敬されないジレンマ

今回は【相手を尊敬しても、相手に尊敬されないジレンマ】のお話になります。

本にも、「信頼関係を築くために部下を褒めよう」と書いてあると思います。
(今回は、分かりやすいように、尊重を褒めるにしています)
しかし、現実問題、自分は相手を褒めるが、相手は褒めてくれません。

ある程度、上下関係が関係しますが
部下を褒めるが、自分の上司は褒めてくれないので
「自分は褒められていないのに、なんで部下を褒めないといけないのか」という思い

同僚でも、自分が相手を褒めても、褒め返さない
「褒めたんだから、褒め返して」という思い

あなたは、この
【自分ばかりが褒めることに違和感を感じたこと】はないですか?

私自身は、「相手を褒めましょう」を実践して
相手が、私に褒め返すことがほとんどなく
褒めることに不公平感や違和感を感じました。

不公平感や違和感の原因
・ギブ&テイクの考え方
(あげたものは同じように返す)
・相手が思い通りに動かない
(褒めたら褒め返すという自分ルールを相手に求める)

といった、相手に公平感や、自分の価値観を押し付けていることが原因になります。
仕事のやる気を上げる等の目的を持って褒めて、効果がないと「褒めた意味がない」となってしまいます。
しかし、「褒められたら褒める」のも寂しいものですね。

不公平感や違和感の解決方法
・ギブ&ギブの考え方
(褒めるは、与えるもの、返ってこなくていい)
・慈悲の心
(無条件の愛、信頼)
(相手は、周りを見る余裕がないんだなと温かい心で見守る)
・褒めた自分を自分で褒める
(他者に、褒める(称賛)を求めない)
(相手を褒めれる自分を褒める)
(いいおこないをした等)
と「自分が褒めたいから褒める」という感覚で
相手に何も求めないことがポイントです。
そこで、自分で自分を褒めないと、「何やっているんだろう」となります。

そこで、もし相手が褒め返してくれたら、感謝で返すことです。

私自身、リーダーになり、部下と円滑な関係を気づくためにいい所等を褒めていました。
しかし、自分が人を褒めても自分自身が褒められることはほとんどないですね。
上司も、「できて当たり前」という感覚の人だったので褒めるということをしない人でした。

やはり、自分も褒められたいから、頑張っている所があるかもしれません。
しかし、誰も褒めてくれない現状で、部下を褒めるというモヤモヤした気持ちとの闘いでした。

そこで、本を読み、気持ちの切り替え方(折り合い)を学びました。

まとめると
【ギブ&ギブで相手に求めない】
【自分は自分でしっかり褒める】
を意識をすると、相手に褒められなくても、モヤモヤしなくなります。

あなたは、一方的に褒めることにモヤモヤしたことはありますか?

このお話で分からないことや他に悩みがございましたら
私岡田にご相談ください。
私はこう思った等の感想も頂けると嬉しいです。
ありがとうございました。

お問合せは24時間いつでも大丈夫です^^】

スポンサーリンク