【人間関係の改善】職場の自己中心的で攻撃的な人とのつきあい方と対処法

今回は【攻撃的な人とのつきあい方】のお話になります。

職場に自己中心的で攻撃な人は一人はいると思います。
私自身も攻撃的な方に、悩まされていたので、
いかに、攻撃的な方からの被害を少なくするかを考えていきます。

攻撃的な人の特徴

攻撃的な人の特徴
・自己中心的である
・自分の失敗はいいが、相手の失敗はダメ
・相手の上げ足を取るために常に目が光っている
・相手がスキを見せたらこれでもかというぐらい攻撃をする
・相手を見下し攻撃することでストレス解消をする
・強引に自分に従わせようとする
・職務上の立場が上なら、さらに状況が悪化する
・人を傷つけていることに気がつかない
・機嫌がいい時と悪い時の差が激しい
・遠慮なく、頼みごとをしてくる
・機嫌が悪くなるボタン(地雷)が多い

と特徴を上げていくとキリがないかもしれません。

あなたは、こういった方に悩まされていませんか?

ということで、的確に対応して、少しでも、
攻撃を避けて被害を少なくしましょう、ということです。

攻撃的な人とのつきあい方

攻撃的な人とのつきあい方
・プライベートの話をしない、プライベートのつきあいをしない
相手にプライベートの会話をしません、と相手に言うか、空気を出す
・他人の対応をする
事務的で冷たい対応をする
相手の話すモチベーションを下げる
・人の目があるところで会話をする
人目があると下手なことが言えない
相手はずる賢いので人前で、自分の評価を下げることはしにくい
・相手の話に乗らない、同意しない
「あいつも言っていた」と巻き込まれる可能性がある
・相手の頼みごとにノーと言う
相手は、断る人と断らな人を見ている
断る人にはあまり関わらない
・最終的にキレてみる
相手は、子供のいじめと同じなので一度キレてビビらす
相手の出鼻を折る
・頼みを普段から聞いていたら、助けを求めてみる
相手の評価が「都合のいい人」から「めんどくさい人」に変わる

この上記のコツを行動に移つす心構えで大切なのは
【みんなに好かれる必要はない】
【自分は自分、相手は相手】
【不要な罪悪感はもたない】
と心に決めて行動してみましょう。

ただ、ややこしいのは相手が上司だった場合ですね。
相手が上司の場合は、行動する時に、職場を辞める覚悟が必要になります。
最初に上司の上司に相談します。
そこで、上司が、攻撃が過激になるのか、収まるかは分かりません。
ただ、今の環境を変えるにはリスクがあるということを頭に入れておかなければいけませんね。

私の経験

私の経験のお話ですが
私自身、こういった方に目をつけられやすい傾向にあります。

攻撃的な上司の場合
・仕事を頑張るから
出る杭を打とうとする
足を引っ張られる
・話をしっかりと聞き反論しない
相手からは安心して攻撃しやすい
・小さいミスに目が届かない(部下のしつけ等)
事あるごとに、「お前の管轄やろ」と怒鳴られる
と完全に標的にされていました。

そのときは、我慢ができずに、その人の上司に相談して、
少しは相手の攻撃が収まりました。
しかし、上げ足を取ろうと目が光っているので、油断はできないですね。
私はその人にあいさつはしっかりとしていましたが、あからさまに距離を取っていました。

攻撃的な同僚の場合
・頼みごとを引き受けていた
・相手の代わりに仕事にでる
・相手の愚痴につきあう

と今思うと同僚から、下に見られていたんですね。
相手は自分のことを「都合のいい人」としか見ておらず
頼みごとを聞かなくなると、私から離れていきました。

攻撃的な人は、下に見た人にストレス発散や欲求不満をぶつけることを考えていて
気持ちの面の立場が同等以上になると関わらない傾向にあります。

まとめ

まとめると
自己中心的で攻撃的な人に関わる時に気をつける事は
・弱気にならない
・ノーをしっかりという
・相手の話にのらない
・それでもひどいなら上司に相談する
と、相手に下に見られない努力が必要になりますね。

私も長年、上司と同僚に悩まされていたので
攻撃的な方に関わる苦痛は分かります。

そこで自分がどうしたいのかを考える必要がありますね。
・このまま我慢するのか?
・自分を変えて、相手とのかかわり方を変えるのか?
・環境を変えるのか?
など色々方法があります。

今回の記事でなにか参考になればうれしいです。

このお話で分からないことや他に悩みがございましたら
私岡田にご相談ください。
私はこう思った等の感想も頂けると嬉しいです。
ありがとうございました。

スポンサーリンク