自分から会話をする大切さ【人間関係の改善】自分から会話ができない時のアドバイス

今回は【自分から話しかける大切さ】のお話になります。

私自身もあまり、自分からコミュニケーションを取る方ではないですが
職場で自分から話す人が少ないことに、疑問を持ちました。

自分から話しかけないといけないな、と思い
「自分から話しかけたらいい」という単純な理由では納得できなかったので
どうしたら、自分から話しかけられるようになるか、勉強し考えました。

自分から話さない理由
・恥ずかしい
・会話の失敗が怖い
・気まずい
・話すことがない
・相手に興味がない
・相手は自分に興味はないだろう
と話さない理由が多いことにあります。

自分から話す理由
・楽しいから
・学ぶことがあるから
・会話の練習
・成長の機会
・相手に興味がある
と話す理由を持っています。

人は、何か行動をするときは、
メリットとデメリットを天秤にかけてメリットに傾くと行動します。

この天秤を意識していないと
やらない理由だけを探して、天秤をやらないに傾けて
やらないという選択をしてしまいます。

ということで
自分から相手に話しかけるには
話す理由(メリット)を増やして
話さない理由(デメリット)を減らして
話すと話さないの天秤を、話すに傾けると
自然と自分からコミュニケーションを取れるようになります。

社会では、自分からコミュニケーションをしないと
なにも、発展しないことがほとんどですね。

このお話で分からないことや他に悩みがございましたら
私岡田にご相談ください。
私はこう思った等の感想も頂けると嬉しいです。
ありがとうございました。

スポンサーリンク