今回は【報われる努力、報われない努力】のお話になります。
※私が勉強会で学んでいることの共有になります。

報われる努力、報われない努力のお話ですがなぜ、こういったお話をするかというと
私自身、どんだけ頑張っても、自信が持てなかったり、自己肯定感が上がらないんだろうという疑問があったからです。

そこには、頑張り一つとっても自信につながる努力と頑張り損の努力があったからです。

努力のポイント

報われる努力
・やりたいからやる努力
・やりたいから頑張る
自分で考えて主体的に頑張る

主体的な動機

報われない努力
・不安、心配など不快から逃れるために頑張る
解決する努力ならいいですが、逃げるために努力しても解決しない
・恨みを晴らしたいから頑張る
コンプレックスからくる頑張りは報われないことが多い
争う必要がないのに悪い競争関係を築いてしまう
憎しみは自分を壊していく
・しかたなくやる

受動的な動悸

仕事の場合
無理やりやらされるようなネガティブな動機の場合でも、楽しさを探しながらポジティブ的な動機ややりがいを見つける。
といったことがあげられます。

あなたは頑張ることに対して疑問を持ったことはないですか?

スポンサーリンク