(HSPの特徴6)白黒思考 できない自分が嫌になる

今回は【白黒思考で判断して自信がなくなる】というお話になります。

白黒思考は「100か0」「できる、できない」等の極端な思考、捉え方、価値観です。

私は仕事の業務はできるかできないかで判断して自信がなくなる経験をたくさんしています。
HSPは細かい所に気づけるので、出来ない部分に気づいてしまいます。
さらに、相手の「できてないな」と些細なつもりで言った言葉も胸に刺さります。

「できていない」という言葉で「できない自分はダメだ」と
「できない」ことに注目して【できる、できない】に注目して
白黒思考が強化されてしまい悪循環に陥ります。

社会生活をしていると結果だけを求められるのでしんどくなりますね。

その白黒思考について考えていきましょう。

・正しい、間違っている
自身の価値観での判断である
妥協の言葉
「自分は自分、相手は相手」
・できる、できない
結果だけに注目している
妥協の言葉
「まぁいいか」「次やろう」
・好き、嫌い
感情をはっきりしたい
妥協の言葉
「どうでもいい」「気にしない」

あなたはどんな事に白黒はっきりしたいと思いますか?

しかしながら、なかなか白黒思考で妥協できないこともありますね。

そので、白黒思考の長所と短所を知って
たとえできないことがあっても
「今、短所がでてきたな」と客観的に自分を見るだけでいくぶんと楽になると思います。

白黒思考の長所
・できるまで努力する
・成長の原動力になる

白黒思考の短所
・できない場合、落ち込んだり、自信をなくしやすい

物事を妥協していては、成長しにくい事もあるので
一概に白黒思考がダメというわけではないですね。

まとめ
解決方法
・自分自身が納得できる妥協点を探す
手を抜いていい所は手を抜く
少しづつ適当(適度)になる
・白黒思考を受け入れる
できる自分をたくさん褒める
できない自分を責めない
自分は今、こう感じていると客観的に自分を見る

私自身、HSPと気づいたのは最近ですが
この白黒思考のおかげで、仕事のスキルなど成長しているのも確かです。
ただ、メンタル面の精神的な弱さで何度も壁に当たりましたが・・・

白黒思考と上手く付き合えるともっと
【自分が好き】になると思います。


(このお話のまとめになります)
HSPをもっと知りたい、解決方法を知りたい方はこちら

このお話で分からないことや他に悩みがございましたら
私岡田にご相談ください。
私はこう思った等の感想も頂けると嬉しいです。
ありがとうございました。

お問合せは24時間いつでも大丈夫です^^】

スポンサーリンク