(HSPの特徴11)【良心的である】「いい人」と言われる理由の考察

今回は【HSPの特徴である良心的の考察】のお話になります。

私自身、経験と価値観の考察になり
私の良心的と思うポイント
・他者に「いい人」と言われる
・ポイ捨て等のマナー違反はしない
・ゴミが落ちていると拾う又は拾いたくなる
・自分がされて嫌なことはしない
・相手を尊重する
・定められたルール、倫理を厳守する
ということが考えられます。

HSPの特徴として人一倍敏感な気質と良心的を合わせて考えていきます。
・相手が困っいてると敏感に察知して助ける
物を落としたら、一緒に探す
「大丈夫ですか?」と声をかける
・相手が困っていると自分より相手を優先して助ける
相手の大変さを感じてしまう
誰もやらないなら自分がやるしかない
・ゴミが落ちていると拾う又は拾いたくなる
ゴミを見つけて拾わなかったら気持ち悪くなる
・自分がされて嫌なことは相手にしない
自分の嫌な注意の仕方を相手にしない
・相手を尊重する
会話の中で相手がなるべく不快にならないように言葉を選ぶ
相手が嬉しいと思うことをする
・ルール、倫理を厳守する
会社の意向に従う、反抗しない
ルール等を破ると強い自己嫌悪に陥る
自己嫌悪に陥らないようにルール等を厳守する

そこで、社会や人間関係の問題になるのは
・相手の「いい人」は「都合がいい人」
頼めばやってくれる、断らないと相手に甘えられる
・会社の意向に自分を犠牲にして従う
体がボロボロなのに、残業、休日出勤をする
・自分の良心が相手にとって良い事か分からない
相手を助けることは必ずしも良いとは限らない
相手の成長のチャンスを奪っているかもしれない

なので、今になって思うことは
相手を尊重するのもいいですが、断ることや考えることが必要ですね。

まとめますと
私自身は、相手が平気で人を貶めたり、暴言を吐いたり、平気でポイ捨てする人を見ると
こんなにも価値観が違うんだなと思うことがあります。

今回は私の経験と考察のお話でしたが
あなたは、どんなことで、自分は良心的だと思いますか?

HSPをもっと知りたい、解決方法を知りたい方はこちら

このお話で分からないことや他に悩みがございましたら
私岡田にご相談ください。
私はこう思った等の感想も頂けると嬉しいです。
ありがとうございました。

お問合せは24時間いつでも大丈夫です^^】

スポンサーリンク