(HSPの特徴8)【自己肯定感】なぜ?自分を否定してしまうのか!

今回は【なぜ、自分を否定してしまうのか?】というお話になります。

私自身、当時特に、自己肯定感が低く、様々な自己肯定感の本を読んでワークを実践しました。
しかし、なぜか、自己肯定感が高まる実感ができなかったです。

私自身の経験の考察になりますが
・HSP(人一倍敏感な気質)を考慮していない
・自分自身を肯定する力が足りなかった
・相手の否定を真に受けすぎた
・自己肯定感が低い状態で人と接する
ということが考えられます。

それでは、一つ一つ考えていきます。

HSP(人一倍敏感な気質)を考慮していない

このHSPの特徴である敏感さによる、気づきが多いことです。
その気づきで、「できた」と「できない」のバランスで自己肯定感が変わってきます。
自分が「できた」と充実感で一日が終わると自己肯定感が高まり
逆に、自分が「できなかった」「まだ課題があるな」と落ち込んだ気持ちで一日を終わると自己肯定感が低くなります。

さらに、「できた」と充実を感じているときに、相手から「それできていないよ」と指摘をされると
すごく否定された感じになり、充実感から一転、出来ていない自分にがっくりきて自己肯定感が低くなります。
(HSPは特に相手の言動を感じ取ってしまう)

解決方法
・いい所、できた事をたくさん見つける
いい所に注目するクセをつける
・できる自分、できない自分どちらもOKと自分を受け入れる
できなくてもOK、できないということはチャレンジをしているから
・相手の言動で落ち込むなら「リフレーミング」する
相手の言動を客観的にみる
【それできていないよ】を客観的にみる
(ある部分ができていないだけで自分を否定しているわけではない)

自分自身を肯定する力が足りなかった

相手は肯定してくれないので、自分自身を肯定する習慣をつけましょう。

自分自身を肯定する方法
・小さい事でも自分を褒める
朝に顔を洗う、規則正しい生活等、当たり前のことを褒める
・成功体験を積む
できないことができるようになる
仕事や趣味で結果を残す
・不安を感じることをすると褒める
不安を感じるということは、チャレンジをしている
結果より過程に注目して褒める

自分自身をしっかりと褒める
相手からの褒め(肯定)は相手の気分次第で変わるので気をつける

相手の否定を真に受けすぎた

経験のお話になりますが、
現実は相手の肯定より否定の方が多くなります。
どうしても、相手の良い所を褒める習慣がなく、相手の悪い所を注意、指摘をするような人間関係でさらに、
社会自体も【減点方式】で、悪い所に注目する環境もあると思います。

どうしても、自分が相手や会社の評価が低いと居心地が悪くなり、自己肯定感が低くなりますね。

解決方法
・価値観の違いを知る
「自分は自分、相手は相手」と心の距離をしっかりととる
・相手の言動で落ち込むなら「リフレーミング」する
相手の言動を客観的にみる
【それできていないよ】を客観的にみる
(ある部分ができていないだけで自分を否定しているわけではない)

自己肯定感が低い状態で人と接する

自己肯定感が低い状態で人と接する
・いじめやパワハラ等のハラスメントに会いやすくなる
相手の話をしっかりと聴くので、悪い意味で可愛がられる
相手が自信の無さから、利用、操作しやすいと感じる
・「気にしすぎ」「忘れたほうがいいよ」と相手から言われる
自分がネガティブになっている
・「ノー」が言えない
断ったら相手に悪いと思ってしまう
必要とされるのがうれしい
・相手から好き放題言われる
自分が反論しないので相手は言いやすい
自分が弱く見えて相手は言いやすい
・自分の感情が出せない
相手の言動で怒りを感じても表現しない
等の問題がでてきてさらに自己肯定感が低くなるという悪循環に陥ります。

解決方法
・嫌な相手と距離をとる
物理的な距離をとることが最善
相手に興味を持たずに塩対応をする
・相手の価値観に合わせない
心の距離をとる
相手が良いと思っていることでも、良いとは限らない
・「ノー」と言える練習をする
小さい事からでも断る練習をする
断っても問題ない事を確認する
・相手に思ったことを伝える
相手に伝えないと分からないこともある
相手に「察して」と思わない

まとめ

まとめますと
どうしても、このHSPの人一倍敏感な気質で、社会や人間関係で疲れて自己肯定感が低くなりますね。

そこで、自分は何を気にしているのか、感じているのかを観察して改善することになります。

私自身も、相手から「そうじゃないだろ」と言われても
技術的な反省はして、それ以外は、価値観の違いだと必要以上に落ち込まないように意識しています。

あなたは、どういったことで、自己肯定感が低くなったと感じますか?

HSPをもっと知りたい、解決方法を知りたい方はこちら

このお話で分からないことや他に悩みがございましたら
私岡田にご相談ください。
私はこう思った等の感想も頂けると嬉しいです。
ありがとうございました。

お問合せは24時間いつでも大丈夫です^^】

スポンサーリンク