【レジリエンス】自分自身を客観的に見て思い込み(不自由な価値観)に気づき改善する

今回は【思い込み】のお話になります。

思い込みにもさまざまあり
自分の価値観を相手に押し付けたり
思い込みで、悪い想像をして自分を苦しめたりします。

その思い込みは具体的に7つあります。

1、【正義】出てくる感情(嫌悪・怒り・嫉妬)
・公平、平等を重んじる
これが守られないと、怒りなどの感情がでてくる
・べき思考
「何々するべき」といった固い思考
口癖
「何でおればっかり仕事が多い!」
「あいつはサボってばっかり!」

2、【負け】(悲しみ・憂鬱)
・自分と誰かを比べて自分が劣っているとなる
・劣等感を感じやすい
口癖
「自分がなさけない」
「自分はダメだ」

3、【批判】(怒り・不満)
・自分や他人を非難、批判する
・白黒思考(0か100の極端な思考)
・自分の価値観を押し付ける
口癖
「なんで分かってくれないんだ」

4、【あきらめ】(不安・憂鬱・無力)
・過去の失敗の経験を引きずる
・初めてのことに極端は不安を感じる
口癖
「できません」
「自信がないのでいいです」

5、【心配】(不安・恐怖)
・未来をネガティブに考える
口癖
「うまくいくかな」
「できるかな」

6、【謝る】(罪悪感・羞恥心)
・「自分がすべて悪いのだ」という思考
相手の機嫌が悪いのは自分のせいだ
口癖
「私のせいだ」

7、【無関心】(疲労感)
・さまざま事に興味を示さない
・無責任
当事者意識が薄い
口癖
「知りません」
「分かりません」
「なんでもいい」
「どっちでも」

上記の思い込みの改善方法
1、自分の思い込みに気づく
今の自分の思い込みに気づくだけで思い込みは薄くなる
2、思い込みを受け入れる
自分は今こんな風に感じているんだと受け入れる
3、客観的に思い込みの改善策を考える
自分の思い込みの傾向を紙に書き改善策を書く

私の経験は
【正義】の思い込みが強く
・仕事は頑張るべき
サボる人を見ると怒りを感じる
・お願いは受けるべき
頼まれたら断らない
・休日出勤はして当たり前
休日でてと言われたら出る
の強い価値観をもっていました。

結局は、この価値観を持ちすぎて
頑張りすぎた結果、身体を壊しました。

そこで、自分の強い不自由な価値観に気づきました。
体を壊して気づくことができましたが、早く気づきたかったですね。

あなたは、不自由な価値観で悩んでいませんか?

まとめると
【自分の不自由な価値観に気づき改善していこう】というお話でした。

このお話で分からないことや他に悩みがございましたら
私岡田にご相談ください。
私はこう思った等の感想も頂けると嬉しいです。
ありがとうございました。

お問合せは24時間いつでも大丈夫です^^】

スポンサーリンク