【職場での居心地が悪い】居場所がなく自分を押し殺すからしんどくなる

今回は【職場での居心地が悪い】というお話になります。

私自身、前の会社を適応障害やメンタル疾患で仕事を辞めた原因を振り返りました。

私の場合の【職場での居心地が悪い】というのは
・自分の居場所がない感覚になる
(居場所のない感覚というのは、自分自身の想像になる)
・自分の職場での役割を見つけられていない
(皆が何かしているのに自分は何もしていない感覚)
・仕事をしたいのに仕事を任せてもらえない
(自分でもできそうな仕事を振ってもらえない)

ということが自分にありました。
根本的な問題は自分に自信がないことにあります。

職場での役割があり、「自分はココに居てもいいんだな」という
許可みたいなものが必要になるんですね。

職場に居場所感がないと自分を自由に表現できなくなり、しんどくなりますね。

職場に心の居場所がないと
ソワソワしたり、バツが悪い等の居づらい感覚になりますね。

この【職場での居心地が悪い】ことの解決方法は
・客観的に自分を見る
(自分に居場所がないという思い込みに気づく)
・職場で必要な優れたスキル(得意なこと)を一つでも身につける
(何か武器があれば心の安定につながる)
・他の人とコミュニケーションをとる(重要)
居場所は自分で作る
自分の自信の無くなる想像を抑えれる

シンプルに
自分自身のスキルを磨く
自分に自信を付ける
仕事が上手くいく
他の人が認めてくれる
雰囲気が良くなる
人間関係が上手くいく
自分の居場所ができる
という好循環に入って行きます。
(嫉妬等の持つ人には関わらないことがポイント)

今回は実際に自分で経験をして、
次の職場で実戦をしてきたお話しでした。

このお話で分からないことや他に悩みがございましたら
私岡田にご相談ください。
私はこう思った等の感想も頂けると嬉しいです。
ありがとうございました。

お問合せは24時間いつでも大丈夫です^^】

スポンサーリンク