今回は【足かせに気づこう】というお話になります。

私の経験でもありますが
生きづらさの原因の一つに思考の足かせがあります。

足かせを説明すると
出来事の結果までは順序があり

出来事⇨思考(反応)⇨結果(行動)

足かせは思考の部分のことをいい
出来事に対して悪い反応(ストレスを感じやすい反応)
をして悪い行動をすることをいいます。

そこで、今回は、悪い思考を客観的に見て
その思考が妥当か適切か見て、自分の良いように変えていきます。

そうすると、足かせだったことが、足かせでなくなったり
ストレスが軽減していきます。

足かせの原因は教育や経験で学んだことが主な要因で
例えば
【上の立場の人の言葉は絶対だ】
こういった足かせがあると
「上司、年上、先輩の言葉を理不尽でも聴かないといけない」
となってしまい
「俺の言う事を聞け」「そんなこと常識だろ」「なめているのか」
と言われても、我慢したり、思考停止をして相手の言う事を聞いたり
と、精神的にダメージを受けてしまいます。

そこで、自分が
【上の立場の人の言葉は絶対だ】という足かせに気づくと
【上の立場の人の言葉は絶対ではない】と受け止め方を変えれます。
どんな効果があるかというと
・客観的に状況判断ができる
・「この人は無茶を言っている」と疑問がもてる
・「この人はこういう価値観なんだな」と冷静になれる
と足かせに気づくと出来事への反応をある程度コントロールできるようになります。

私が感じていた足かせの例は
・出来事
(置き換え例)
・上司、年上、先輩の言う事は絶対
(聞かなくていい事もある)
・疑問を持ってはいけない
(疑問を持ってもいい)
・言われた事だけをする
(自分で考えてもいい)
・作業をサボってはいけない
(常に全力でなくてもいい)
・命令に背いてはいけない
(休日出勤を断ってもいい)
・雑用は率先してしないといけない
(自分のこと以外はしなくていい)
・真面目に頑張らないといけない
(気を張ってなくてもいい)
等の足かせがありました。

主に社会人としての悩みが主ですが
こういった足かせが会社に定着できなかった原因の一つだとおもいました。

悪い思考は自動思考といわれるもので
その思考に気づくことで改善できます。

自分で、動悸やストレスを感じた時は
悪い思考になっているかもしれません。

あなたも悪い思考に気づいていきませんか?

このお話で分からないことや他に悩みがございましたら
私岡田にご相談ください。
私はこう思った等の感想も頂けると嬉しいです。
ありがとうございました。

お問合せは24時間いつでも大丈夫です^^】

スポンサーリンク