【レジリエンスまとめ】しなやかな心を育ててストレスに負けない7つのポイント

今回は【レジリエンスのまとめ】になります。

レジリエンスとは、心のしなやかさで、
心にしなやかさがあるとストレスを受けても
心がストレスの衝撃を吸収します。

【レジリエンス=心のサスペンション】です。

私が学んだ7つのポイントを紹介していきます。

1、負の感情の悪循環に気づき抜ける
・不安➡行動できない➡自信がなくなる

・不安➡行動する➡自信になる
不安を感じても行動することで自信につながる好循環に入る
2、自分自身の思い込みの傾向に気づき、改善する
・過去の失敗の経験などから思い込みが出てくるがそれに気づき、改善する。
主に口癖が「でも」や「いや」といった行動できなくなるような、否定的な口癖に気づく
3、根拠のない自信を身につける
・自己肯定感
自分を肯定する
「自分はできる、自分は壁を乗り越えられる」といった思考
・自己否定を改善する
「自分はダメだ」と自己否定すると何もできなくなる
・自己受容
自分を受容する
「今の自分でいいんだ」「ネガティブな自分でもいいんだ」と自分を受け入れる
・自分を受け入れないを改善する
「今のままではいけない」「こんなんじゃダメだ」と自分を否定しない
自分を否定すると、
自分を否定➡自信がなくなる➡行動できない、の悪循環に陥る
4、自分の強みを活かす
・自分の長所を活かす仕事をすると貢献感が高くなり、ストレスを感じにくい傾向にある
・逆に短所だと思っている仕事をすると、貢献感が低くなり、ストレスを感じやすい
5、自分の理想に近い人と仲良くする
・人は周りにいる人の特性、特徴を取り入れようとする
やる気がある人と一緒にいると、やる気が出てくる
愚痴っぽい人といると、愚痴っぽくなる
6、感謝をする
・「ありがとう」というとポジティブな気持ちになる
・助けてもらったら「すいません」ではなく「ありがとう」という
・感謝をするとお互いに気持ちがいい
7、失敗を素直に受け入れる
・失敗を受け入れて改善すると、自信につながる
・失敗から目を背けるといつまでも成長できない

とレジリエンスのまとめになります。

私の経験のお話しになりますが
誰かに助けてもらっても「すいません」と申し訳ない気持ちでいましたが
「ありがとうございます」と言うようになってから、感謝の気持ちがでてきました。
自分に向けていた気持ちを外に向けれるようになりました。

他はシンプルに考えると
「行動しよう」ということです。
不安な気持ちもありますが、行動しないと始まらないを意識をして、仕事に励んでおります。

一気にしようとしてもできないので実生活で、少しずつ意識をして、やっています。

このお話で分からないことや他に悩みがございましたら
私岡田にご相談ください。
私はこう思った等の感想も頂けると嬉しいです。
ありがとうございました。

お問合せは24時間いつでも大丈夫です^^】

スポンサーリンク