私の経験【死にたいと思う心境】人生や仕事で生きづらさを感じている

今回は【死にたいと思う心境】の私の経験のお話です。

今回は、今だから言える過去の経験のお話で暗い話になるのでご了承ください。

私の場合のお話ですが
私は、日々休みがなく働き、さらに毎日のように上司に怒鳴られて
人生や仕事での生きづらさを感じて、生きたいという意欲が無くなり
「死にたい」より「消えたい」が正確な表現ですね。
死ぬにも責任がともなうので、全てを無にしたい感覚です。
無にすることができないので、また生きづらさとの戦いになります。

次に生きたい意欲がなくなる原因は
自分自身の問題
・アダルトチルドレン的考え
(根本的に心が弱い)
(親から満足に愛をもらっていない)
・自己否定
(自分なんてという思考)
・自分に自信がない
(褒められた経験が少ない)
(自分に自信がないので必要以上に頑張る)
職場の問題
・上司の強烈な圧力
(気に入らないこと全てに怒鳴る)
(具体的な解決方法を示さない)
(目が合えば文句を言われる)
・休みが少ない
(休日出勤がある)
(休日出勤の要請が自分に集中する)
・頑張るだけ仕事と責任が増える
(頑張るだけハードルが上がりハードルにつまずくと怒鳴られる)
(頑張らない人のハードルは低いまま)
・頑張る人に責任が一極集中する
(上司に「全てがお前のせいだ」で片付けられる)

と自分の心の問題と職場の理不尽のダブルパンチで
以上のことで私は、生きづらさを感じて、心の限界を超えて、メンタル疾患になり退職しました。
このストレスを自分で許容できなくなると、うつや適応障害のメンタル疾患になります。

あなたは、どういう思いで死にたいと思いましたか?

プライベートや仕事や生い立ち等複雑に絡み合っているので人それぞれだと思います。

そこで私がした生きづらさの改善方法は
自分自身
・カウンセリングを受けたり本で心の勉強をする
・自己肯定感を高める
・根拠のない自信を身につける
・自分は自分、相手は相手の考えを身につける
(手は差し伸べるが、手を取るかは相手次第)
仕事
・キャリアコンサルティングを受ける

・優しい(他者を尊敬できる)人のいる職場に就職する
(上司が部下を尊敬できる、思いやりのある人)
・自分の好きな仕事をする
(農業関係など好きな業種)
・自分の長所と短所を考慮した仕事選び

仕事に関しては、カウンセラーの先生から
「その環境なら誰でもメンタル疾患になります」
と言われて安心しました。

自分自身は真面目で頑張り屋だと思います。
その頑張りを利用してこき使う会社は私には合わず
頑張りを正当に評価してくれる会社では上手くいきました。

頑張る人が痛い目にあう会社は私には合わないので
頑張る人は裁量が与えられる会社では私の実力が発揮することが分かりました。
仕事をするからには、やりがいがあった方がいいですね。

自分自身の心の問題に関しては
メンタル疾患になるまでは、根本的な問題に気づかずに
ストレス解消法などの対処法のスキルばかり勉強していました。

心の根本的な問題でメンタル疾患になり幼少期の経験、価値観等の
心の底の問題に取り組むようになりました。

最後にまとめますと
【生きづらさの原因を考える】ということで
【自分の性格に合った仕事(従業員含め)を見つける】
【自分の心を強くする練習をする】
ということを私はしました。

このお話で分からないことや他に悩みがございましたら
私岡田にご相談ください。
私はこう思った等の感想も頂けると嬉しいです。
ありがとうございました。

お問合せは24時間いつでも大丈夫です^^】

スポンサーリンク