【レジリエンス】自信が持てない、自分に無力感を克服する、失敗の受け止め方

今回は【失敗の受け止め方】のお話になります。

なぜ、失敗の受け止め方のお話をするのかというと
仕事で失敗をしてしまうと、無条件で落ち込んで
自分はダメだと、無力に感じて自信がつかなかったからです。

仕事の失敗は三種類あり
【予防できる失敗】
【避けることができない失敗】
【人為的な失敗】
があります。

それでは、順に説明していきます。

【予防できる失敗】とは?
・経験や知識で予測できる失敗
・以前に失敗をした事がある作業
と、失敗すると分かっていても会社命令で、実行して失敗することもありますね。
経験が浅いと、失敗が予期できないので、経験や知識をつける必要があります。

【避けることができない失敗】とは?
・機械の故障
(製品の製造作業中の機械の故障)
(モーターやギア等の消耗品の故障)
・人為的でない事故
と、その時にいた人が、偶然、故障などに立ち会った場合です。

【人為的な失敗】とは?
・人為的なミス
・作業に集中していなかった
・マニュアルに従っていなかった
等のミスのことをいいます。

私の経験では
機械の故障(管理者は別の人)も全て私の責任になり、叱られました。
そういう、社会教育を受けていると、全ての失敗が、自分の責任だと感じて
自分はダメだとなり、無力に感じて、自信がなくなるという、悪循環に陥ります。

そこで今回私が伝えたいことは
【「予防できる失敗」と「避けられない失敗」は、会社のせいにする】
・教えてくれていない会社が悪い
・初心者に任す会社が悪い
・誰がやっても壊れた
等、客観的に見て会社が悪いことは、責任を自分で抱え込まずに
責任を会社に投げることです。

ただ、このお話は、【心の持ちよう】のお話なので
会社の規定で事故報告書を書かないといけないこともあります。

全て自分が悪いと思っていると、相当なストレスを抱えてしまうので
必要のない失敗は気にしないでおきましょうというお話です。

しかし、【人為的な失敗】は自分で受け止めて成長の糧にする必要があります。
自分の失敗の責任から逃げると、成長の妨げになるので気をつけましょう。

このお話で分からないことや他に悩みがございましたら
私岡田にご相談ください。
私はこう思った等の感想も頂けると嬉しいです。
ありがとうございました。

お問合せは24時間いつでも大丈夫です^^】

スポンサーリンク